東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

エアチャイナのビジネスクラスで北京へ ~SFC修行第1弾その2~

time 2017/01/29

搭乗開始の8時30分までは、JALのサクララウンジでのんびり過ごせました( ・∀・)

スポンサーリンク

 

33番ゲート

搭乗開始時間になり、搭乗の33番ゲートへ。33番ゲートは、南ウイングの一番端にありますが、サクララウンジからはそれほど遠くありません。

33番ゲートに着くと、既に搭乗を開始していました。チェックインカウンターと同じく、ここでもJALのスタッフの方が手続きをしていました。

 

エアチャイナのビジネスクラス

飛行機はエアチャイナのCA162便。関西国際空港9:00発、北京国際空港11:20着です。フライトは3時間20分。

機材は、エアバスA321。ビジネスクラスの配列は、2-2です。

ビジネスクラスは空席が目立ちました。私の隣も空席です。

ウエルカムドリンクはシャンパンをお願いしました。離陸する前からシャンパン飲めて幸せです♪

機内食

離陸前に機内食のメニューを渡されました。

ランチBOXか洋食のコースが選べます。午前中なので、ランチBOXにしました。周りの人もランチBOXを頼んでいる人が多かったです。ドリンクはプーアル茶をチョイス。

離陸してしばらくすると、機内食が配られます。

ライスの横に盛られているのは、鶏肉と野菜のカシューナッツ炒め的なもので、味は普通。味噌汁は味が薄くてあまり美味しくありません。でも、赤色のボックスに小分けにして入っているものは、お正月らしい見た目で、どれも美味しかったです( ・∀・)

座席は、フルフラットにならないタイプですが、足元は十分な余裕があります。フットレストも有り。

エアチャイナに乗るのは初めてだったのですが、CAさんはみんなフレンドリーで、少なくとも愛想悪いとか、サービス悪いなんてことはありませんでした。

機内食を食べて、持ってきた本を読んでいたら、あっという間に北京に着きました。北京に近づくにつれて、視界が悪くなっていったので、「天気が悪いなぁ」なんて思っていましたが、もしかしたらスモッグかも。北京の気温は零度以下で、雪が舞っていました。

無事に北京空港に着いたので、ラウンジに行くぞ!と思っていたのに、ラウンジにたどり着くまでものすごーく時間かかりました。。北京空港での話はまた次回!




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク