東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

北京空港のファーストクラスラウンジ&ビジネスクラスラウンジ ~SFC修行第1弾その3~

time 2017/01/30

北京空港にはほぼ定刻通り(11:20)到着。かなり広大です。

スポンサーリンク

 

ものすごい行列

「International Transfer」の案内に従って、ずんずん進んでいきます。

しばらく進むとものすごい行列が!

しかもあまり進みません。行列に並びながら少しずつ進んでいくと、乗り継ぎカウンターがあり、パスポートのチェックがあります。

パスポートのチェックが終わると、階段を下りていくのですが、ここでもすごい行列。なかなか下に降りることができません。

少しずつ下に降りていくと、下では手荷物検査が行われていることが分かりました。写真撮影は禁止と思われるので、写真は撮影しませんでしたが、大混雑してました。特に、ボディチェックの機械は、人が通る度に音が鳴って、通過する全員が空港スタッフにボディチェックされているんじゃない?って感じでした。私もボディチェックされました。

結局、手荷物検査を終了して、出国エリアに出るまでに1時間30分くらいかかりました。疲れたー(>_<)

気を取り直して、ラウンジを目指します。エアチャイナのビジネスクラス利用客は、エアチャイナのファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジに入ることができます。ファーストクラスラウンジにまで入れるなんて太っ腹!

エアチャイナのファーストクラスラウンジ

まずは、ファーストクラスラウンジへ。ファーストクラスラウンジは、手荷物検査ゾーンを出て左側前方へと歩いていき、エスカレーターに乗って中二階のようなスペースにあります。

受付でチケットを見せると、次に乗る便のフライト時間と搭乗時間を端末で調べて教えてくれます。私の乗る便は「予定通り」と言われました。

中は結構広いスペースです。

会社の重役室に置いてあるようなソファエリアもありました。座っている人は一人もいません。

飲食コーナーは、数か所ありました。軽食あり。

中国らしく点心コーナーあり。

寿司コーナーあり。お寿司は、見た目があまり美味しくなさそう。。

バーコーナーもあります。

点心が美味しそうに見えたので、何品か取ってみました。味は普通かな。

エアチャイナのビジネスクラスラウンジ

出発まではまだ時間があるので、今度はビジネスクラスラウンジに向かいます。

ビジネスクラスラウンジは、手荷物検査ゾーンを出て右側前方へと歩いていき、スターバックスのすぐ近くにあるエスカレーターに乗って中二階のようなスペースにあります。

ここでも、受付でチケットを見せると、次に乗る便のフライト時間と搭乗時間を端末で調べて教えてくれます。

中に入ると、ファーストクラスラウンジと同じような感じでした。ファーストクラスラウンジとの違いはよくわかりません。というか、もしかしたら同じつくりになっているのかも。しいて言うなら、ビジネスクラスラウンジの方が少し人が多い感じでした。

中二階のようなスペースなので、下を見下ろすことができます。

北京発シンガポール行きの便は15:35発。搭乗開始時間までは、ビジネスクラスラウンジで過ごしました( ・∀・)




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク