東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

エアチャイナビジネスクラスの機内食に悶絶 ~SFC修行第2弾その2~

time 2017/02/11

関西国際空港を出発して約3時間半。定刻通り北京国際空港に到着。第1回SFC修行のときも北京乗り継ぎだったので、「Transfer」のためのパスポートチェックの位置は把握済み。下の写真の場所を奥へと進んでいきます。

今回も行列ができているのでしょうか?

やはり行列ができています!でも、前回のときより明らかに行列が短く、しかも、行列の進む速度が速かったので、それほどストレスを感じないですみました。前回は、パスポートチェック&手荷物検査で1時間半以上もかかったのに、今回は20分程で出国エリアへ出ることができました。

スポンサーリンク

 

北京空港内散策

ラウンジに行く前に、空港内をプラプラ散策してみます( ・∀・)

中国っぽい雰囲気のエリアもあります。

くまモンがパンダに襲われている!!

毎年のように遊びに行っている大好きな香港でよく見かけるお店「太興(タイヒン)」もありました。太興は、香港ではポピュラーな茶餐廰(チャーチャーテン)と呼ばれる大衆食堂の1つで、香港に多数の店舗を構えています。

その他、スターバックスやKFC、ピザハットなどもあります。

 

ビジネスクラスラウンジ

一通り空港内を見て回ったところで、ラウンジへ向かうことにします。エアチャイナ(中国国際航空)のビジネスクラス客は、エアチャイナのビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジを利用することができます。まずはビジネスクラスラウンジへ。

なんかめっちゃ人います。というか空いている席がない…。あまりにも人が多かったので、そそくさと退散。

 

ファーストクラスラウンジ

ビジネスクラスラウンジからファーストクラスラウンジへと移動しました。

こちらは空席が結構ありました。搭乗開始時間までは、こちらでくつろぐことに。今回は、アマゾンのFireタブレットに映画を何本かダウンロードして持参してきたので、ラウンジで映画鑑賞( ・∀・)

 

エアチャイナビジネスクラス

映画を1本見終わると、搭乗開始時間が近づいてきたので、搭乗ゲートへ移動。搭乗予定のエアチャイナ機が見えました。

クアラルンプールへは、エアチャイナのCA871便で、北京国際空港15:50発、クアラルンプール国際空港22:20着。北京とクアラルンプールとの間の時差は0なので、フライト時間は6時間30分です。機材はエアバスA333で、ビジネスクラスの配列は2-2-2。座席は通路側を事前に指定しておきました。

写真を撮り忘れましたが、ウエルカムドリンクはもはや恒例となったシャンパン♪

機内の映画プログラムを確認しましたが、日本語で見ることができる面白そうな映画がなかったので、Fireタブレットにダウンロードしてきた映画を見ることに。

映画を見ていると、18時くらいに、機内食の提供が始まりました。事前に配られたメニューでは、洋食か中華を選ぶことができたので、洋食をオーダーしたものの、残念ながら品切れで、中華になりました。

SFC修行第1弾の0泊2日のシンガポールでもエアチャイナのビジネスクラスに乗りましたが、機内食が割と美味しかったので、今回も期待しちゃいます( ・∀・)

最初に前菜が運ばれてきます。

パン以外に小鉢が2皿。まず左側の小鉢に手をつけてみますが、あまり美味しくない…。食べられなくはないけど…というレベルです。

続いて右側の小鉢。黒っぽいものが入っています。見た目からは何か全く想像できません。恐る恐る一口食べてみるも、まずい…。どうも魚の煮つけのようなもののようですが、かなり固いし、はっきり言ってまずい。。

食べるのを断念しました(>_<)

続いて、メインディッシュの登場。

メニューでは「シーフード」と記載されていましたが、見た目が美味しそうではありません。こちらはまだ食べることができましたが、味は普通以下。

シンガポール路線と違い、がっかりでした。もしかして、中華ではなく洋食なら美味しかったのかも。

お口直しに、食後のデザートはフルーツの盛り合わせを選択。

食事後は、シートをフルフラットにして、少し寝ました。

クアラルンプールには、ほぼ定刻通りの22時30分頃に到着。SFC修行第1弾のシンガポールでは、空港滞在時間が約1時間半でしたが、今回は、クアラルンプール発のフライトが翌朝の8時のため、1泊します。




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク