東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

会員制リゾートホテル「エクシブ有馬離宮」に泊まってきました!

time 2017/02/15

ある日、会社の友達、みちゃこから「有馬温泉行かへん?」とのお誘い。

みちゃこのお父様が「エクシブ」という会員制ホテルの会員で、「エクシブ有馬離宮」という凄そうな名前のホテルが有馬温泉にあるとのこと。そして、エクシブは、会員本人だけでなく、家族も泊まることができるということで、二人で「エクシブ有馬離宮」に泊まりに行ってきました!

スポンサーリンク

 

高級感のあるエクシブ有馬

建物の入口の前には、門というかそびえ立つ壁!

レンタカーを借りて向かったのですが、到着して地下にある駐車場に入ったら、ベンツやBMWなどの高級車がたくさん停まっていました。なんか凄そう…と思いつつフロントロビーへ。

高級感があり、落ち着いた雰囲気の大人のホテルという感じです( ・∀・)

チェックインを済ませ、お部屋へ。廊下も高級感があります。

 

凄すぎるお部屋

ではお部屋へ!

部屋の扉を開けて中に入ると、ちょっとした廊下の突き当たりにリビングルーム。

リビングルーム広い!しかも落ち着いたセンスある空間になっています。

そして寝室。十分な大きさのベッドが二つ置かれています。

ん?リビングルームにもう1つ扉。

開けてみると…

まさかのベッドルーム!こちらもベッドが2つあります。

なんと2LDKでした。凄すぎる…(゚д゚;)

洗面所も高級感があります。

大浴場に行ったので使わなかった浴室。バスタブの前には大きいテレビモニターも付いています。

シャワーブース。

トイレは2つありました。しかも、自動的に蓋が開くタイプ。

なんか圧倒されました。エクシブって凄いのね…

 

大浴場

部屋の凄さに感動した後、夕食が始まるまでの間に、大浴場に行ってきました。いや、大浴場などと呼んではいけません。「THE SPA」と表記されていました。

スパへ行くためには、専用のエレベーターで地下に降ります。写真撮影は当然禁止。

内湯も露天風呂も広かったです。エクシブ有馬離宮は、山を少し上った場所にあるため、露天風呂からは、山の中腹から下界を見下ろすような感じの雄大な景色を眺めることができ、とても良かったです( ・∀・)

 

めちゃめちゃ美味しい和食のコース

お風呂の後はお待ちかねの夕食。豪華なホテルの中庭を眺めつつ、館内のレストランへと向かいます。

夕食は、予約時に、和食、中華、イタリアンの中から選ぶことができ、私たちは和食を選びました。コースになっています。

まずは先附。

続いてお椀。メニューには、「雲子 揚げ胡麻豆腐 焼き椎茸」と書いてあります。

お造り。見たこともない器に入っています。

この後、「焼肴」としてまな鰹の味噌漬、「温物」として京芋饅頭が出てきました。どれも本当に美味しい!!

まだまだ続きます。黒毛和牛のフィレ肉の登場!

ご飯は、「柚香ちらし寿司」か「小海老のかき揚げ藻塩煮麺」を選べます。みちゃこと1つずつ頼みました。

最後にデザート。フルーツと、ほうじ棒茶のプリン。

質、量ともに、大満足の夕食でした。幸せ~♪

夕食後は、再び温泉に入ってきました。露天風呂で、外の景色をぼーっと眺めながら入っているのも至福のひとときでした( ・∀・)

 

朝食も美味しい!

ぐっすり寝て、翌朝8時頃に起床。朝食はビュッフェじゃなく、アメリカンブレックファーストを選びました。

サクサクのクロワッサン美味しかった!

フレンチトースト♪

一品一品が美味しくて、朝から幸せな気分になれます♪

朝食もボリュームがあって美味しかった!!

設備が豪華なだけでなく、スタッフさんのサービスも一流。こんな世界もあるんだ~、という感じのエクシブ有馬離宮でした!

料金ですが、今回は開業5周年の特別料金ということで、1泊2食で2万円台前半とものすごくお得な料金でした。といっても、会員になるためには、それなりの費用がかかると思いますが…

エクシブは、鳥羽や白浜、京都の八瀬などにもホテルがあるそうなので、今度は別のところにも泊まってみたいなと思いました( ・∀・)

 

エクシブ有馬離宮

<HP>
https://rt-clubnet.jp/hotels/xiv/arima/

<住所>
神戸市北区有馬町1661-11

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク