東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【東山花灯路 2017】ライトアップされた古都の幻想的な風景

time 2017/03/05

3月3日(金)から12日(日)まで、東山花灯路が行われています。

東山花灯路は、約2500基の行灯などの灯りで東山エリアをライトアップするイベントで、毎年行われています。

場所は、八坂神社や丸山公園、ねねの道辺りが中心となりますが、北は青蓮院、南は清水寺と、かなり広範囲にわたっています。


<東山花灯路のHPに掲載されている地図>

私は、八坂神社を起点として、丸山公園、ねねの道、石塀小路を通って、八坂神社に戻るルートで、花灯路を楽しんできました。

行灯は、小さいものだけでなく、大きいものもあります。

この花灯路では、行灯だけでなく、生け花の展示もあります。生け花は、上の地図の「いけばなプロムナードの展示場所」と記載されている場所に展示されています。

また、京都市立芸術大学、池坊短期大学、成安造形大学、京都造形芸術大学の学生による芸術作品の展示も行われています。

丸山公園からねねの道に行く途中に、長楽館という洋館があるのですが、何故かピカチュウが長楽館に入っていくところを目撃しました。

あとで調べたら、昨年(2016年)京都高島屋内にオープンしたポケモンセンターキョウトのオープン1周年記念イベントで、ピカチュウが丸山公園に遊びに来ていたみたいで、その帰りだったようです(笑)

 

花灯路の期間中、毎日「狐の嫁入り巡行」が行われます。狐の嫁入りとは、暗やみに狐火が連なっているのを、昔の嫁入り行列の提灯に見たてたものですが、このイベントでは、白無垢に狐のお面をかぶった花嫁が人力車に乗って巡行します。

午後7時と8時に知恩院の三門前を出発して、高台寺に向かうのですが、周囲はすごい人でした。

 

高台寺の西側にある「ねねの道」。

ねねの道から石塀小路へと入ります。

石畳の狭い路地で、両側には料亭や旅館などが並んでいます。

本当に風情のある道です。

最後は、八坂神社でお参りして帰りました。

 

=東山花灯路=

<開催期間>
3月3日(金)~12日(日) 18:00~21:30

« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク