東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

心ゆくまでマラッカ観光、そして帰国 ~SFC修行第5弾その2~

time 2017/03/24

SFC修行中にマラッカへ。

スポンサーリンク

 

カフェランチ

ガイドブックに載っていたカフェに向かうため、チャイナタウンに入っていきます。

この行列は何!?と思って調べたら、チキンライスで有名な「中華茶室」というお店でした。

古めかしい味のある建物を見ながら歩いていきます。

オランダ広場から10分くらいで、目的の「リバービューカフェ(River View Cafe)」に到着。

お店の中を通って裏側に抜けると、目の前が川。川沿いの歩道にテーブル席もありまさにリバービュー!だったのですが、外のテーブル席は埋まっていたので、店内のテーブル席へ。外が暑かったので、クーラーの効いた店内でむしろ良かった(・∀・)

ジェシカはカレーを注文。

私は、無難にフライドライス♪

どちらも美味しかった♪

 

マラッカ観光

昼食をとり、クーラーの効いた店内で休憩できたので、再び観光へ。

マレーシア最古のイスラム教のモスク「カンポン・フル・モスク」

モスクというと、たまねぎ型のドーム屋根をイメージするけど、ここの屋根は三角形で、マレーシアでも珍しいそう。

 

マレーシア最古の仏教寺院「チェンフーテン寺院」

荘厳な雰囲気の日本のお寺と違ってきらびやか!

屋根の上に飾られている精巧な彫像も必見!

 

緑色の三角屋根が目を引く「カンポン・クリン・モスク」

床の青と白のタイルが鮮やか!

 

マレーシア最古のヒンドゥー教寺院「スリ・ポヤタ・ヴィナヤガール・ムーティ寺院」

閉まっていたため、中に入ることはできませんでした。

 

これらのモスクや寺院は比較的近くにあるので、歩いて見て回れます♪

 

「ババ・ニョニャ・ヘリテージ」

こちらは、プラナカンの子孫の邸宅で、現在は博物館として公開(入場料16リンギット)。

館内は写真撮影禁止で、入口付近のスペースだけ写真撮影可でした。

館内を見て回る英語のガイドツアー(無料)があったけど、私たちは、日本語の解説付きのガイド本を借りて、自分たちで見て回りました。

前回のSFC修行でペナン島のジョージタウンに行ったときに訪れた、プラナカン様式の博物館としてオープンしている「ペナン・プラナカン・マンション」も良かったけど、こちらも、当時の優雅な暮らしぶりを感じることができる博物館で、良かったです(・∀・)

 

事前にチェックしていた観光スポットは一通り見たので、再びオランダ広場へ。

 

バスでクアラルンプールへ

心残りの無いよう、パシャパシャと写真を撮りまくった後、タクシーでバスターミナルへ移動。

帰りのバスも混雑することを予想して、クアラルンプールから到着した際に、18:30発のバスのチケットを買っていました。行きは横4列シートのバスだったけど、帰りは横3列のVIP仕様のバス♪

料金は確か13リンギット(約350円)で、行きのバス(10リンギット)より少し高いけど、座席の幅が広く、フットレスト付きで超快適♪♪KKKL社のバス、超オススメです!

 

クアラルンプールのバスターミナルに戻ってきた後は、KLIAトランジットに乗ってKLセントラル駅へ。ランチを中途半端な時間に食べたからあまりお腹空いてないね、ということで、KLセントラル駅直結のショッピングモール「Nu Central」内にあるスーパーに行き、晩ご飯や土産物などを購入。ホテルの部屋に戻って、晩ご飯を食べました。

ANAで帰国

翌日、5時30分起床。まだオープンしていなかったホテルのダイニングレストランで、スタッフの方にお願いして、ビュッフェのパンをいくつかテイクアウトさせてもらい、6時15分のKLIAエクスプレスで空港へ。

クアラルンプール8:00発、成田15:40着のNH816便に乗り成田空港へ。

ジェシカと成田空港で分かれた後、成田空港17:00発、伊丹空港18:20着のNH2177便に乗り、関西に戻ってきました。

 

今回のSFC修行(単なる観光?)では、6,126プレミアムポイント(PP)獲得。SFC修行を5回終えて、目標の50,000PPまであと11,672PP!




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク