東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

ガルーダインドネシア航空ビジネスクラス搭乗記(関空-ジャカルタ)

time 2017/05/10

GWで直行便が取れなかったため、乗り継ぎでバリ島に行きます。

初めての搭乗となるガルーダインドネシア航空で、まずはジャカルタへ!

スポンサーリンク

 

ビジネスクラスのシート

搭乗するのは、関空12:00発、ジャカルタ17:10着のGA889便。機材はA330-200。

ビジネスクラスは36席で、配列は2-2-2。

エコノミーは186席で、配列は2-4-2。

ヘッドレストカバーが青色で鮮やか!

 

私たちは窓側の2席を事前に指定していました。

足元広い!!

 

ウエルカムシャンパン

機内で写真を撮りまくっていると、CAさんがウエルカムドリンクを何にするか聞きに来ました。迷わずシャンパイをチョイス♪

ロゼで、めちゃめちゃ美味しかったです!テンション上がりまくりヽ(*´∀`)ノ

飛行機はほぼ定刻通りに関空を出発。

 

ビジネスクラスの機内食

しばらくして、機内食のサービスが始まりました。

ドリンクは再びシャンパンにするか、それともワインにするか二人で悩んだ末、インドネシア気分を味わうために、ビンタンビールにしました(・∀・)

料理は、「洋食・インドネシア料理」か「和食」を選択できます。二人とも洋食を選択。

初めに、前菜またはスープとして、「ツナのサラダ」、「海老のマリネ ビネガーソース」、「インドネシア風チキンスープ」、「ポテトと葱のスープ」の4種類の中から1つを選べます。

選択肢多い!

私は「海老のマリネ ビネガーソース」を選びました。

桜子は「ツナのサラダ」を選択。

なんでツナサラダなんか頼んだん?と思ったら、いわゆるツナサラダではなく、マグロが入ったサラダでした!一口もらったけど、美味しかった!

メインは、「ビーフテンダーロインのグリル」、「白身魚ディルクリームソース」、「インドネシア風ローストチキン」の3種類の中から1つ選ぶことができます。

私は「ビーフテンダーロインのグリル」を選択。

お皿を含め、見た目のインパクトが凄い!

機内食なのに、レストランで提供されるようなお皿が運ばれてきました。しかも綺麗な盛り付け!

お肉はボリュームがあり、しかも柔らかくて美味しかったです☆

付け合わせのマッシュドポテト(お肉の裏に隠れてます)がチーズ入りでめちゃめちゃ美味しかった♪

桜子は「白身魚ディルクリームソース」を選択。

こちらも綺麗な盛り付け☆

ディルクリームソースが何か全く分からなかったけど、この白身魚が本当に美味しかった!二口くらいもらったけど、もっと食べたかった~。

メインの後は、チーズかデザートを選べます。デザートは「抹茶のオペラケーキ オレンジ フレッシュベリー添え」か「クランブルチョコレートファッジ バニラアイスクリーム添え」のどちらか。

私は「抹茶のオペラケーキ」を選択。

木の枝が乗っかってるやん!と思ったらチョコレートでした(;・∀・)

桜子は「クランブルチョコレートファッジ」を選択。

前菜、メイン、デザート、食後のコーヒーと、コース仕立てになっていて、盛り付けや味もよく、大満足でした♪

それもそのはずで、ガルーダインドネシア航空では、シェフが搭乗していて、ビジネスクラス客用の料理を提供してくれるそう。機内で、CAさんとは制服の異なるシェフらしき人を見ました。

 

快適な機内

食事後に機内プログラムの映画をチェック。

日本語対応の映画はあるものの、それほど数は多くありませんでした。ウィルスミス主演の「Collateral Beauty(邦題:素晴らしきかな、人生)」を見たけど、あまり面白くなかった。。

 

座席ですが、ボタン操作でシートポジションとレッグレストの位置を細かく調整することができます。

フルフラットに倒してみるとこんな感じ。

GWということで、席は結構埋まっていました。

機内では映画を1本見た後、本を読んだり、桜子と喋ったりして過ごしていました♪

到着前に、サンドウィッチやフルーツなどの軽食のサービスがあり、二人そろってフルーツ盛り合わせを選択。

ジャカルタには定刻通り到着しました。

7時間10分の快適なフライト、楽しかったです♪♪

 

ちなみに、今回の飛行機のチケットは無料の特典航空券。

こんな感じでマイルを貯めて特典航空券に換えています(^^)

海外旅行が好きで、毎年3~4回は海外へ飛び立っています(・∀・)といっても、使えるお金がたくさんあるわけではなく、ごく普通の給料で働いているので、旅行先が決まると...




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク