東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記(デンパサール-関空)

time 2017/05/27

バリ島からの帰国便は、デンパサール00:40発、関西国際空港8:30着のGA882便。

ラウンジから搭乗ゲートへ向かうと、ビジネスクラス客を含む優先搭乗が始まっていました。

スポンサーリンク

 

ビジネスクラスのシート

機材はA330-200。往路に関空から乗った機材と同じです。ビジネスクラスは36席で、配列は2-2-2。

私たちは、窓側の座席を事前に指定していました。

ビジネスクラスはほぼ満席。

ウエルカムドリンクはシャンパン♪桜子は、すぐに寝るからシャンパンは飲まないって言っていたのに、私がシャンパンを頼むと、しばらく考えて「シャンパン」って言ってました(笑)

 

フルフラットシートで熟睡

出発が00:40ということで、離陸前から少しウトウト。ベルト着用サインが消えたら、シートをフルフラットにしてすぐ寝ました。アイマスクを用意していたのに、着けることも忘れて爆睡。やっぱフルフラットシートはいいですなー(・∀・)

ちなみに、おやすみ前の食事サービスもあったようです。

 

機内で見る朝日

多分5時過ぎだったと思うけど、朝食サービスの提供が始まって、少し騒がしくなってきたので目が覚めました。

外を見るとちょうど朝日が昇ってきたところ!

機内から日の出を見たのは初めてで、感動しました!

 

朝食

完全に目が覚めたところで朝食を頂きます。

朝食は確か、洋食か和食かを選ぶことができ、洋食は、「ローストチキン」、「アップルパイ」、「卵料理」の中から1つ選べました。卵料理は、好きな卵料理を作ってくれるというので、少し興味あったけど、アップルパイにしました♪

ん?アップルパイないやん!と思ったら、朝食でもワンプレートではなく順番に出てくるようで、まず最初に、パン、ヨーグルト、そしてフルーツ盛り合わせが出てきました。

続いてアップルパイ。

温かくて美味しかったです♪

このあと、食後のコーヒーを頂き、関空到着までゆったりとした時間を過ごしました♪

 

定刻通り到着

機体は関西に近づいてきました。

関空には定刻通り到着。ほとんど寝て過ごしていたけど、ビジネスクラスはやはり快適でした♪

 

アメニティポーチの中身

機内で頂いたアメニティポーチ。特に、ブランドものではないようです。

中身は、アイマスク、歯ブラシ、耳栓、櫛など一般的なもの。リップバーム、ボディローションなどはクラランス(CLARINS)のものでした。

ちなみに、今回のフライトのチケットは無料の特典航空券。

こんな方法でマイルを貯めて特典航空券に換えています♪

海外旅行が好きで、毎年3~4回は海外へ飛び立っています(・∀・)といっても、使えるお金がたくさんあるわけではなく、ごく普通の給料で働いているので、旅行先が決まると...




« »

コメント

  • バリ島大好きです。友人とデルタのマイルを貯めていて憧れのビジネスで行けそうなので
    参考にしたいと思い拝見させていただきました。
    とても参考になりました。ありがとうございます。
    席の件ですが24時間前からでないとできないようですがどのようにされて確保されたのですか。
    わたしも友人も英語ができないので帰りの便での交渉を困っています。
    教えてください。よろしくお願いします。

    by miho €2018年5月21日 10:39 AM

    • コメントありがとうございます。
      私はANAマイルでANA便(共同運航)として予約したので、ANAのHPから座席指定できました。
      デルタのマイルで予約していないので状況が違うと思いますが、私なら下記(1)、(2)の方法をとります。
      (1)ダメ元でガルーダの日本支社に電話して座席指定をお願いする。
      (2)24時間前になったら、ガルーダのHPの「予約確認」の欄にガルーダの予約番号と苗字を入力して座席指定。
      ガルーダの予約番号(デルタの予約番号ではなくガルーダの予約番号)は、デルタに電話すれば教えてもらえると思います。

      ガルーダのビジネスクラス、めちゃめちゃいいですよ!
      楽しんできてください!

      by maiko €2018年5月21日 10:05 PM

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク