東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

スクート搭乗記(関空-バンコク)

time 2017/07/24

エミレーツ航空A380に乗りに行くために、まずはバンコクへと飛びます(・∀・)

今年、ANAのプラチナステータスに到達したので、当初はANAやタイ国際航空で行くことを考えていたけど、スクートの値段を調べてみたら、バンコクまでの片道がなんと12,000円!思わず購入しちゃいました♪

スクートはシンガポールのLCC(格安航空会社)で初搭乗☆

スポンサーリンク

 

ボーイング787を使用

関空の出発は18:00で、バンコクの到着は21:55。バンコクは、現在のメイン空港であるスワンナプーム国際空港ではなく、ドンムアン空港に到着します。

LCCでは小型機が使われることが多いけど、スクートは中型機のボーイング787を使用。

HPでも、広々とした客室と大きなシートで、ゆったり快適に過ごせることをアピールしています。

 

機内の様子

では、いざ機内へ!

座席の配列は、3-3-3。事前に座席指定するためには追加料金が必要なため、事前座席指定はしなかったけど、チェックインのときに、通路から横並びの2席をお願いしました♪

シートピッチは約79cm。座ったときに窮屈な感じは全くせず、フライト中、ストレスを感じることはありませんでした。

この日は、ざっと見たところ、8割以上の搭乗率。日本人のCAさんも何名かいらっしゃいました。

機体は定刻通りに出発。私たちの隣に座っていた女性がシートベルト着用サインが消えると同時に席を立ち、そのままどこかに移動。3人掛けの席に2人で座ることになり、さらに快適でした☆

 

機内食

機内での楽しみの1つが機内食!ですが、LCCなので機内食は有料。

1食あたり12シンガポールドル(約1,000円)。メニュー左下の「ビーフとマッシュルームのラザニア」が美味しそう♪

ソフトドリンクや、ビールなどのアルコール類も販売されています。

私たちは、関空でビール&軽く食事を済ませたので、機内食は注文せず。ただ、甘いものが欲しくなって、6シンガポールドル(約500円)のハーゲンダッツを頼みました♪

これ、キャラメルビスケット&クリームという初めて食べる味で、めちゃめちゃ美味しかった!!日本でも食べたい!と思って調べてみたけど、日本では販売されていないようです(>_<)

 

機内Wifi

LCCでは珍しく、機内Wifiサービスがありました。

メールやSNSに最適な20MBプランで5米ドル。データ容量無制限で、使用時間に応じて料金が異なるプランも用意されています。

お金を払ってまでインターネットに接続するつもりはないので、機内では、持参したタブレットにダウンロードしておいた映画を見たり、本を読んだりして過ごしていました(・∀・)

 

飛行機は定刻通り、バンコクのドンムアン空港に到着。

フライト時間は約6時間と、結構長かったけど、特にストレスを感じることもなく過ごすことができました☆




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク