東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

京都の夏の風物詩「五山送り火」鑑賞

time 2017/08/16

京都の夏の風物詩「五山送り火」。

毎年8月16日に、夏の夜空に「大」、「妙・法」などの文字が浮かび上がります。お盆に迎えた精霊を冥界へ送るという伝統行事。

五山の火床と点火時間は以下の通り。

・大文字(東山如意ヶ嶽)20:00点火

・妙・法(松ヶ崎西山・東山)20:05点火

・船形(西賀茂山)20:10点火

・左大文字(大北山)20:15点火

・鳥居形(曼荼羅山)20:20点火

スポンサーリンク

五山送り火の中では、東山如意ヶ嶽の大文字が有名だけど、友達の家から左大文字と船形が見えるというので、お邪魔しました(・∀・)

まだ日が沈む前の左大文字。くっきり見える!!

同じく日が沈む前の船形。

20:10に、船形の点火が始まりました。

しばらく経つと、綺麗に見えてきました。船形の火床数は79。大きさは縦約130m、横約200m。

残念ながら、手前の山に隠れて、船の形の下の方は見えません(T_T)

続いて、20:15に左大文字に点火。

左大文字の火床数は53。大きさは、一画目約48m、二画目約68m、三画目約59m。

京都テレビでは午後7時から五山送り火の番組を放送していましたが、番組での説明を聞きながら実物を見ることができました!(^^)!

時間が経つにつれて、少しずつ消えていくのも風情があってよかったです。




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク