東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

地獄を見た後に「フォー10」の味わい深いフォーに癒される

time 2018/02/06

ハロン湾日帰りツアーに行った日のことです(・ω・)

ベトナムの旅行会社「シンツーリスト」でハロン湾日帰りツアーを申し込みました(・∀・)ツアー当日は、朝8時から8時半までの間に宿泊ホテルにピックアップに来るというの...

帰りのバスの中で、ガイドさんが「今日は旧市街で年末のイベントが開催されるから、交通規制で各自のホテルまで送り届けることができないよ~」と説明。

そのときは、「ふ~ん」って感じで軽く受け流していたけど、このイベントのせいで地獄を見ることになりました…

スポンサーリンク

 

フォー10を目指して歩き始める

時刻は午後8時過ぎ。私たちを乗せたバスは旧市街の外側の大通りで停車。全員降ろされて、歩いて帰ることになりました。

帰りのバスの中で友達と「晩御飯どうする?」「ハノイに来てまだフォーを食べてないから今日はフォーを食べに行こう!」という結論になり、フォーの有名店「フォー10」を目指して歩き始めました。

少し肌寒い気温で、バイクのクラクションが鳴り響く旧市街の中をテクテク歩いていると、ホアンキエム湖に到着。湖の中に建設されている「玉山祠」へとつながる橋がライトアップされていて、とても綺麗でした☆

ここまでは割と順調。そこからフォー10までは10分くらいで到着する予定でした。そのときは…

 

地獄と化したイベント会場

ホアンキエム湖の北側に、前日くらいからイベント会場が設立され始めていたのは知っていました。

ただ、そんなに人が集まるイベントとは思わず、最短ルートでホアンキエム湖の西側へ抜けようとしました。

上の地図で、湖の北側の黄色いエリアがイベント会場。赤のルートのように、イベント会場を通り抜けようとしたところ…

多くの人が集まり始めています。ただ、まだ普通に歩けるレベル。ズンズンと前に進んでいくと、さらに人が多くなり…

しばらくすると、満員電車状態になりました。こんな状態で前に進めるのかな?と思いつつ、前に進む人の流れもあるので、その流れに乗る感じで、押し合いながら前へ進んで行きます。そのうちイベントが始まってしまい、大音量の音楽がガンガンかかり始めました。そして…

とうとう前に進めなくなってしまいました。。大音量の音楽。飛び交う怒号。泣き叫ぶ子供。肌寒い気温なのに、噴き出す大量の汗。イベント会場がまさに地獄と化していました。ぎゅうぎゅう詰めで息苦しくなり、友達と「このままでは死ぬ!戻ろう!」と言って戻ることに。途中、失神する女性を2人見ました(;゚Д゚)

戻るのも本当に一苦労。全然進まず。途中、友達とはぐれてしまい、靴を踏まれまくり、ボロボロの状態で、なんとかイベント会場を抜け出すことができました。。友達ともなんとか会えて「イベントには何の興味もないのに…」と半べそをかきながらイベント会場を後に。

 

フォー10の味わい深いフォー

結局、ものすごく遠回りをして、「フォー10」に到着。時計を見ると21時20分でした。。

こちらのお店は、ホテルのスタッフの人もオススメの店で、人気店だそう。営業は22時までなのに行列ができていました。少し並んで店内へ。日本人の方と相席になりました。

こちらのお店で提供しているのは牛肉のフォー。牛肉の火の通し方などで、いくつか種類があります。

火が通ってない肉は怖いので、牛肉によく火を通した「Pho Chin」をたのみました。お値段60,000VND(約300円)。

スープはあっさりしているけど、コクがある感じ。疲れ果てていたので、優しい味のスープが胃に染みわたります。

テーブルの上には、ライムや唐辛子などが置いてあり、自分で味を調整できるようになっていましたが、私はそのままいただきました。あっさりしているのに味わい深い、とても美味しいフォーでした♪

 

=フォー10(Pho 10 Ly Quoc Su)=

<住所>
10 Ly Quoc Sur, Hoan Kiem, Thank Pho, Ha Noi

<営業時間>
6:00~14:00、17:30~22:00

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク