東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

落ち着いて桜を楽しみたいなら京都府立植物園へ行こう!

time 2018/03/31

水族館や動物園と比べると、植物園って地味な感じがしますよね。

ということで、存在は知っていたけど、一度も足を踏み入れたことがなかった「京都府立植物園」。

ですが、桜を楽しむことができると聞いて、初めて足を踏み入れました!

スポンサーリンク

 

東京ドーム5個分の面積

京都府立植物園の入口は3ヶ所あり、北山門は地下鉄の北山駅を出てすぐ。自転車で向かった私は、賀茂川門から入りました。

入園料は一般200円、高校生は150円、中学生以下と70歳以上の方は無料です。

植物園の総面積は約24万平方メートル。どれだけ広いかと言うと、東京ドーム約5個分です(笑)

広大な園内には様々な種類の花や植物が植えられています。

収集栽培植物は1万種類以上!

チューリップの開花はまだでした。チューリップは、様々な色のものが植えられていたので、開花したら綺麗だと思います(・∀・)

 

桜が満開!!

色んな植物や花をじっくり見るのもいいけど、この日の目当ては桜!

今週は暖かい日が続いたので一気に咲いたようです。満開でした!

園内には130品種450本もの桜が植えられています。

こんなにも桜がたくさん咲いているのに、市内中心部から遠いからか、入園料がかかるからか、それほど多くの人はいません。ゆっくりと桜を鑑賞できるので、観光客が多い京都の中では穴場スポットだと思います(・∀・)

 

観覧温室

京都府立植物園では3月25日(日)~4月8日(日)までの間、桜のライトアップを実施しています。暗くなるまでまだ時間があったので、観覧温室に入ってみました。

温室に入るのは無料です♪中に入ると、むわっとして蒸し暑い感じでした。

ベゴニア展を開催中で、カラフルな花が咲いていました☆

温室は回遊式で、順路に沿って進んで行きます。外国の植物も豊富で見応えありました!

色んな種類のサボテン。

順路は460メートルもあり、見終わって外に出る頃には、辺りが暗くなっていました。

 

桜のライトアップも見事!

桜のライトアップは午後5時30分~午後9時まで。桜の木が植えられている方へ行くと…

ほぇ~と思わず言ってしまうくらい綺麗☆

昼に見る桜とはまた違う雰囲気です。

満開の桜に下から光が当たり、本当に見事でした!

昼の桜と、ライトアップされた夜の桜を両方見ることができるので、200円払っても見る価値大です!

 

=京都府立植物園=

<HP>
http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html

<住所>
京都市左京区下鴨半木町

<アクセス>
地下鉄「北山駅」下車すぐ
市バス「植物園前」下車徒歩約5分

<営業時間>
9:00~17:00

『桜ライトアップ』
2018年3月25日(日)~4月8日(日)
午前9時~午後9時(最終入園午後8時)

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク