東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

チキンライスを食わずしてシンガポールに来たと思うな!

time 2018/06/04

シンガポールの名物グルメというと、ラクサ、チキンライス、バクテー、チリクラブ、カヤトーストなどがありますが、その中でも有名なのが「チキンライス」。

「チキンライスを食わずしてシンガポールに来たと思うな!」というシンガポールの有名なことわざ(注:そんなことわざは無い)に従って、チキンライスを食べに行きました(・∀・)

スポンサーリンク

 

チキンライスとは?

チキンライスは中国語で「海南鶏飯」と書き、元々、中国の海南島で食べられていた料理。茹でた鶏肉と、その茹で汁で炊いたご飯というシンプルなもので、中国の海南出身の華僑によってシンガポールに伝えられ、シンガポールに根付いています。

昔、ダウンタウン松本作詞、槇原敬之作曲の「チキンライス」という曲がありましたが、この歌に出てくるチキンライスとは全く別物です(・∀・)

 

新瑞記鶏飯(Sin Swee Kee)

シンガポールには、チキンライスを提供するお店が多数あり、ガイドブックによると、「天天海南鶏飯」、「チャターボックス」、「文東記」などのお店が有名なようですが、私たちが向かったのは、「新瑞記鶏飯(Sin Swee Kee:シンスゥイキー)」というお店。創業130年の老舗名門ホテル「ラッフルズホテル」のすぐ近くにあります。

前回シンガポールに来たときに、ラッフルズホテル内のカフェに入ったことがありますが、このときは絶賛改修工事中でした(>_<)

「新瑞記鶏飯(Sin Swee Kee)」の入口側には壁が無くてオープンな感じなので、入りやすいです。

店内には観光客らしき人もいましたが、それ以上に多くのローカルっぽい人で賑わっていました。

調理場も見えます。

 

メニュー

メニューを見てみると、チキンライス以外の料理も結構あります。

いくつかの料理は写真付きなので、イメージがわきやすい。どの料理も結構リーズナブルです。

 

チキンライス旨し!

チキンライスを含め、三品ほど注文しました。もちろんビールも♪

最初にチキンライスが運ばれてきました。

なかなか美味しそうな見た目。付け合わせとして、キャベツなどの野菜の浅漬けが添えられています。

では実食!チキンが柔らかくて美味しい!茹で汁で炊かれたご飯もいい感じ♪

他に注文したのは、野菜炒めみたいなものと、ホッケンミー。

野菜炒めは、絶妙な火の通し加減!

ホッケンミーは、シンガポールのローカルフードで、簡単に言うと焼きそば。これも美味しかったです!

注文した三品はどれも美味しく、ローカルの人に人気なお店というのも納得でした(・∀・)

 

=新瑞記鶏飯(Sin Swee Kee:シンスゥイキー)=

<住所>
35 Seah Street, Singapore 188381, Singapore

<営業時間>
11:00~21:00

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク