東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

あじさいの名所「三室戸寺」に行ってきました!

time 2018/06/16

6月に入り、雨が降る日が多くなってきましたね。雨が続くと憂鬱な気分になりますが、そんな梅雨の時期に綺麗な花を咲かせるのがあじさい。

少し前になりますが、あじさいの名所でもある「三室戸寺」に行ってきました!

スポンサーリンク

 

三室戸寺への行き方

三室戸寺は、お茶で有名な宇治市にあります。アクセスの悪い場所にあるため、車で行くのが便利。

電車で行く場合には、京阪電車の「三室戸駅」が最寄り駅で、駅から徒歩15分程。JR宇治駅からは、40,40Aのバスで「門前」バス停下車、または250A系統のバスで「三室戸」バス停下車。

※6月9日(土)~6月24日(日)の間は、京阪宇治駅とJR宇治駅から「あじさい号」という臨時バスが出ます(210円)。

 

お寺は山の中

私は、ドライブがてら、友達と車で行きました。駐車場に車を停めて、入口で拝観料500円を納めます(後述のあじさい園の開園中は800円)。

そこから緩やかな坂を登っていきます。

山の中に入っていく感じで、空気が新鮮!しばらくすると、山門に到着。

山門をくぐり、あじさいの咲く庭園を右に見つつ、もうしばらく歩くと、お寺へと続く階段に到着。

頑張って階段を登ると、本堂にたどり着けます。ふぅ~(;´Д`)=3

 

立派な本堂

三室戸寺は、770年に、光仁天皇の勅願により創建されたと伝えられていて、西国三十三所の第十番の札所となっています。

1814年に再建された本堂はとても立派!

本堂の前に、「勝運の牛」という像が置かれていました。

牛の口の中にある玉を触ると、勝運がつくと伝えられているそう。

『繁忙期の特典航空券の争奪戦に勝ちますように!!』

本堂を正面に見て、右奥に三重の塔があります。新緑に朱色がよく映える。

 

回遊式庭園

山門から本堂へと向かう途中に、池泉回遊式庭園があります。本堂を見た帰りに寄りました。

なかなか見事な庭園ですが、それほど広くはなく、さっくり見る感じでした(・∀・)

 

あじさい園

6月1日(金)~7月8日(日)まで、あじさい園が開園しています。植えられているあじさいの数は1万株!

実は、私が三室戸寺に行ったのは、5月の末頃だったので、あじさいはまだ咲き始めの状態でした。

それでも、部分的に綺麗な花が咲いていました。

お寺のHPによると、今がちょうど見頃のよう。1万株ものあじさいが咲き乱れる様はきっと見事だと思います☆

 

=三室戸寺=

<HP>
https://www.mimurotoji.com/

<住所>
京都府宇治市莵道滋賀谷21

<拝観時間>
8時30分~16時30分(4月1日~10月31日)
8時30分~16時00分(11月1日~3月31日)

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク