東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

「伊藤久右衛門」の抹茶パフェは最高に美味しかった!

time 2018/06/23

日本を代表するお茶の生産地である宇治。

せっかく宇治まで来たなら、食事も宇治茶に関係するようなお店に行きたいところ。

今回は「伊藤久右衛門 宇治本店」でランチをいただきました(・∀・)

スポンサーリンク

 

伊藤久右衛門とは

「伊藤久右衛門」は、江戸後期の天保3年に、初代伊藤常右衛門・瀧蔵が茶業に携わったのがそのはじまり。現在も、伊藤家に代々受け継がれる茶園でお茶づくりを続けています。

宇治市にある本店以外に、JR宇治駅前店、平等院店、京都駅前店などの他、台湾の台北にも出店しています。

「伊藤久右衛門」という文字を見ると、有名なペットボトルのお茶「伊右衛門」と関係がありそうに思えますが、伊右衛門は、京都福寿園とタッグを組んでいて、「伊藤久右衛門」とは何の関係もありません(・∀・)

 

伊藤久右衛門本店

お店には車で行きました。40台停めることができる広い駐車場があるので便利。

お店に到着したのは12:30頃。食事エリアは満席で、順番待ちになっていました。順番待ちリストに名前を記入して、物販エリアを見て回ることに。

 

種類豊富な抹茶商品

物販エリアには、抹茶を使った様々な商品があります。抹茶ロールケーキや抹茶大福。

抹茶カレーは1箱540円。パッケージの写真を見る限り、緑色のルーが食欲をそそりません(笑)

もちろんお茶の種類は豊富。

物販エリアも多くの人で賑わっていて、みなさん、次々と色んな商品を購入していました。

 

メニュー

30分ほど待ったところで自分たちの名前が呼ばれました。

食事メニューを見ると、抹茶を使った抹茶そばが美味しそう♪

スイーツメニューの中では、抹茶パフェが一番人気とのこと。

抹茶ババロアや抹茶チーズケーキなども美味しそう♪

季節限定の「紫陽花パフェ」なんてのもありました。

 

抹茶パフェ旨し!

友達とともに、「抹茶そば(690円)」を注文。

抹茶そばは、抹茶の味がするわけではありませんが、喉越しがよく、ツルツルっと美味しく頂きました。

食後のデザートとして、「よくばり抹茶パフェ(980円)」をオーダー。

中に入っているのは、茶団子、抹茶煎餅、抹茶ゼリー、抹茶アイス、わらび餅、抹茶コーンフレークなど、具だくさん。

めっちゃ美味しい~!別添えで粉抹茶がついていて、粉抹茶を振りかけると、パフェの甘さと抹茶の苦さが組み合わさって、これまた旨し!これで1,000円以下というのも嬉しい♪

友達が注文したのは「抹茶ババロア(780円)」。

一口もらいましたが、ババロアも美味しかったです(´∀`*)

 

抹茶生どらやき

で、終わりではなく、実は物販コーナーで「抹茶生どらやき」を購入していて、注文した抹茶そばが運ばれてくるまでの間に、味見していました(笑)

抹茶あんこがぎっしり!ドラえもんも必ずや気に入るであろう、美味しいどら焼きでした♪

 

=伊藤久右衛門 宇治本店=

<HP>
https://www.itohkyuemon.co.jp/

<住所>
宇治市莵道荒槙19-3

<アクセス>
・京阪宇治線「宇治駅」から徒歩約5分
・JR奈良線「宇治駅」から徒歩約15分

<営業時間>
10:00〜18:30(茶房ラストオーダー18:00)

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク