東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【サロン ド テ エム エス アッシュ】路地の奥にある隠れ家カフェ

time 2018/09/22

碁盤の目のように東西に延びる道路と南北に延びる道路が交差している京都。

街歩きをしていると、「こんなお店あったんだ!」とか、「新しいお店オープンしてる!」など、色んな発見があり楽しいです。

この日は、路地の奥にある隠れ家カフェに行ってきました。

スポンサーリンク

 

狭い路地の奥にあるカフェ

お店の名前は、「Salon de the m.s.h(サロン ド テ エム エス アッシュ)」。

富小路通と麩屋町通の間の押小路通沿いにあります。

入口が分かりにくいけど、左隣にある「novem(ノウェム)」という美容院が目印。その横にある狭い路地を入っていきます。

路地を抜けるとお店に到着。こじんまりとした店構えです。

 

残り少ないケーキ

店内に入ると正面にショーケースがあり、ずら~っとケーキが並んで…

ずら~っとは並んでいませんでした(笑)

訪れたのは16時過ぎ。少し遅い時間だったのか、売り切れになったケーキが結構あり、残っているのはわずかでした(>_<)

ここでケーキをオーダーして、奥のカフェスペースへ。

一旦、店外に出る必要があるのですが、緑豊かな中庭がありました。テーブルが置いてあったけど、テーブルの上には観葉植物が置かれていたので、インテリアデザインとして置かれているよう。

 

結構広いカフェスペース

こじんまりとした店構えとは違い、店の奥にあるカフェスペースは結構広いです。

店内の内装はシンプルで、オレンジ色のカバーが掛けられた椅子が印象的。

お客さんもそれほど多くはなく、まさに隠れ家カフェ。

席に着いてドリンクを注文。紅茶、コーヒー、カフェオレ、ジュースなどがあります。

 

美味しいケーキ

紅茶を注文すると、ティーポットが運ばれてきました。

冷めないようにティーポットカバーが掛けられているのが嬉しいですよね。

私は、「オリジナルブレンドティー(ホット600円)」を注文。

ポットには、たっぷり2杯分の紅茶が入っています♪

ケーキは、『ハチミツのムースとレモンのムースとショコラジョコンドを重ねました』との説明が書かれた「ミエルシトロン(490円)」をチョイス。

レモンの爽やかな味がして美味しい!軽やかな触感なので何個でも食べられそう(笑)

友達の桜子は、『バニラムースに爽やかなレモンのシブースト』と説明が書かれた「ル ソレイユ(505円)」を注文。

味見させてもらったけど、こちらも美味しかったです♪

 

=Salon de the m.s.h(サロン ド テ エム エス アッシュ)=

<住所>
京都市中京区押小路通麩屋町西入ル橘町630

<アクセス>
地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩5分

<営業時間>
11:00~20:00

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク