東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

イポー郊外にある洞窟寺院「ペラトン」内に鎮座する巨大な仏像

time 2018/10/17

マレーシアのイポーには、イギリス統治時代に建てられた美しい建築物が多数残っています。

昨年のSFC修行以来となるマレーシアに行ってきました!昨年は、SFC修行で5回もマレーシアを訪れ、クアラルンプール観光は飽きてしまったため(笑)、別の街を訪問すること...

イポーを訪れた際に時間があるなら、郊外にある洞窟寺院を訪れるのもおすすめ!

洞窟内に鎮座している巨大な黄金色の仏像があなたを待っています。

スポンサーリンク

 

車で10~15分ほどの距離

ペラトン(Perak Tong)は、イポー駅から車で10~15分ほどの距離なので、タクシーかGrabで行くのが便利。私はGrabを使いました(10RM(約280円))。

ペラトン洞窟寺院の創建は1926年。

入場料は必要なく、自由に出入りできます。

午前中に訪れましたが、観光客はあまり見かけませんでした。

周辺に野生の猿がたくさんいるので、荷物を盗られないよう要注意!

 

黄金色の巨大な仏像

中に入ると、まず目に飛び込んでくるのが正面に鎮座している黄金色の巨大な仏像。

お寺の御本尊で高さは12.8m。なかなかの迫力です。

御本尊の両側には、2体ずつの守護神。

洞窟の岩には仏画が描かれていて、他にも多くの仏像が祀られていました。

これらの仏像や仏画が洞窟内にあることで、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

このお寺から山の上に登ための長い階段があり、展望台まで行くと周囲を見渡すことができるそうですが、私はさっくりパスしました(笑)

 

イポー郊外には、「サンポトン(San Poh Tong)」という洞窟寺院もありますが、ペラトン洞窟寺院を見て満足したので、サンポトンには行きませんでした(・∀・)

 

=ペラトン(Perak Tong)洞窟寺院=

<住所>
JI. Kuala Kangsar

<拝観時間>
8:00~17:00

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク