東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【香港】地元の人で賑わうローカル店「蓮香居」でワゴン式飲茶♪

time 2019/04/14

2019年最初の海外旅行は、何度も行ってる大好きな香港♪

香港のグルメで真っ先に頭に浮かぶものといえば、飲茶ですね!

宿泊したホテルのすぐ近くに、ガイドブックにも載っている有名店「蓮香居」があったので、香港到着の翌朝、早速行ってきました!!




 

蓮香居への行き方

ガイドブックには、「蓮香樓」というお店も載っていましたが、「蓮香居」は「蓮香樓」の姉妹店。どちらも、香港島の上環エリアに位置しています。

「蓮香居」は、MTR「上環駅」から歩いて10分ちょっと。

中環(セントラル)などからは、西側へ向かう「Kennedy Town」行きや「Shek Tong Tsui」行きのトラムで行くのが便利で、「イビスホテル(ibis HOTEL)」を過ぎた「Queen Street」停留所で下車。

トラム停留所の目の前がお店です(地図は記事の最後)。

 

地元の人で賑わう店内

入口を入ってエレベーターに乗り2階へ。

店内は、地元の人と思われる多くの人で賑わっていました!

皆さん、新聞を読んだり、仲間でわいわいしゃべったり。

活気があっていいですね~☆

テーブルは大きい丸テーブルで、当然のごとく相席です。

席に着いてお茶を注文すると、お茶の入った急須とともに、茶器などが運ばれてきました。

周囲を見ると、お茶で食器を洗っていたので、私たちも真似して洗いました(・∀・)

スポンサーリンク

 

昔ながらのワゴン式

こちらのお店は、昔ながらのワゴン式。

点心を載せたワゴンをおばちゃんが運んでくるので、欲しいものがあればもらいます。

ワゴン式ではないお店では、メニューの説明書きを読んで注文する必要がありますが(英語ならなんとか分かりますが、中国語は全く理解不能)、実物を見て注文できるのがワゴン式の大きなメリット。

ワゴンが近づいてくると、人が群がったりもします(笑)

ワゴンは次々と運ばれてくるので、食べたい点心がなくても焦る必要はなし。種類が多いのでどれにするか迷う~。

「これちょうだい」と指を指すと、おばちゃんが伝票にハンコを押してくれます。

 

美味しい点心

私たちが食べた点心の数々をご紹介。

最初に取ったのは、パイナップルパン。

中にはチャーシューのようなものが入っていました。美味しい~♪

野菜が色々入った点心。

間違いない味のシューマイ。

蒸し餃子。

海老入りの腸粉はボリュームたっぷり♪

全部で5品を食べて180HK$(約2,600円)でした。

 

まとめ

オシャレな飲茶のお店が増えてきている中で、昔ながらのワゴン式のお店はとても貴重。

点心はどれも美味しかったです♪

地元の人で賑わっていて、ローカルな感じを味わえるのもいいですね。

朝から元気がチャージされました!

 

=蓮香居=

<住所>
2-3/F, 46-50 Des Voeux Road West, Sheung Wan

<アクセス>
・MTR「上環駅」A2出口を出て徒歩10分強。
・トラム「Queen Street」下車

<営業時間>
6:00~15:30、17:30~23:00

<地図>

« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク