東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【60WESTホテル宿泊記】お手頃価格なのに部屋が広い香港のホテル

time 2019/04/26

アジアの中では比較的ホテル料金の高い香港。

今まで宿泊したことのない場所で、あまり高くないホテルを探した結果、香港島側のホテル「60WEST」が良さそうだったので、日本から予約していきました(・∀・)




 

ホテルの場所

60WESTホテルの場所は、香港島の上環(ションワン)エリア。

MTR上環駅から徒歩10分強、MTR西營盤(Sai Ying Pun)駅から徒歩10分弱くらい。

ホテルのすぐ近くにトラムの停留所があるので、とても便利♪私たちは基本的にトラムを利用して出掛けていました。

ホテルのすぐ近くには、昔ながらのワゴン式飲茶を楽しめる有名店「蓮香居」があります!

2019年最初の海外旅行は、何度も行ってる大好きな香港♪香港のグルメで真っ先に頭に浮かぶものといえば、飲茶ですね!宿泊したホテルのすぐ近くに、ガイドブックにも載っ...

また、歩いて1分くらいの位置に、香港ではおなじみのスーパー「ウエルカム(WELLCOME)」があり、飲み物やスナックなどを購入できるのも便利♪

 

2011年オープン

香港到着日は、空港からエアポートエクスプレスに乗って香港駅まで行き、そこからタクシー乗りました。香港駅からは、無料のシャトルバス(H2)に乗って、イビスホテルで下車してもOK。

ホテルのオープンは2011年なので、8年ほど経っていますが、内部はとても綺麗☆

スポンサーリンク

 

部屋の紹介

予約した部屋は、デラックスツインというタイプで、1泊14,000円ほど。

時期によっては1泊1万円ちょっとで泊まれる日もありました。

香港でリーズナブルなホテルに泊まると、部屋が狭めですが、こちらのホテルの部屋は割と広かったです。

シンプルなベッドの横には、シンプルなソファ。

ベッドの向かいは長テーブルで、小物などを置いておくことができ、重宝しました。テレビの設置位置は微妙。

入口近くには、ホテルでは珍しい流し台がありました。湯沸かしポット、マグカップ、冷蔵庫、セーフティボックスの他、電子レンジも有り。

お水は2本置かれていました。

シャワーを浴びた後に使うガウン。

トイレ、洗面台などもシンプル設計。

バスタブはなく、シャワールームのみ。

窓からは、行き交うトラムを眺めることができます☆

 

ホテル内の設備

ホテル内には「多用途活動室」なる部屋がありました。

ソファが置いてあるので、フロントと同じ階なら利用する人もいるのかもしれませんが、別の階にあるため、利用者は一人もいませんでした。

私たちは、宿泊最終日のチェックアウト後に、フロントにスーツケースを預けて出掛けましたが、ホテルに戻ってきてスーツケースを受け取った後、中身の整理をするのにこの部屋を使わせてもらいました。

ソファに座りながら、スーツケースを広げて整理することができたので、助かりました♪

短期滞在なので使用しませんでしたが、ホテル内には洗濯機もあります!

 

まとめ

部屋は全体的にシンプルですが、部屋の広さ、値段、交通利便性などを考えると、なかなか良いホテルだと思いました☆




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク