東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【台湾タンパオ】6個で380円の小籠包のお味はいかに!?

time 2019/06/09

台湾で食べる小籠包は美味しい!!

台北では、ニューヨークタイムズ誌で世界の10大レストランに選ばれたことがある「鼎泰豐(ディンタイフォン)」をはじめ、「京鼎樓(ジンディンロウ)」、「金品茶樓」などの有名店に行ったことがあります♪

最近だと、モーニング小籠包を楽しんだ「鼎元豆漿」

ビジネスクラス乗りまくりのアジア周遊旅行。2ヶ国目となる台湾の台北で1泊しました(・∀・)台湾のグルメといえば小籠包。小籠包といえば台湾。ということで、朝から小籠...

台湾まで行くにはちと遠いですが、京都市内でも小籠包を食べることができるお店はあるわけで、先日、友達とともに、小籠包専門店「台湾タンパオ」で小籠包をほおばってきました(・∀・)




 

小籠湯包専門店

お店の場所は、いつでも人通りの多い新京極商店街の中。

こじんまりとした店構え。「小籠湯包専門店」と書かれています。

「小籠湯包」とは、スープがたっぷり入った小籠包のことだそう。

お店の前では、写真入りで商品が紹介されています。

蒸篭に入った点心に食欲がそそられますが、どれも安い!!

・「小籠湯包(6個)」380円
・「かに小籠湯包(5個)」380円
・「肉まん(6個)」380円
・「カスタードまん(5個)」450円
・「えび焼売(5個)」500円
・「台湾おこわ」380円

流行りのタピオカミルクティー(380円)も販売しています(・∀・)

 

イートインコーナー

入口近くにあるカウンターで注文して先に会計を済ませるシステム。

店内は、イートインコーナーといった感じで、壁に面したカウンター席と、立食用の丸テーブルが置かれています。

注文しなかったけど、ポスターで紹介されている「夜市肉まん」美味しそう…

テーブルには、醤油、酢、オリジナルのニンニク入りソースが置かれています。

残念ながら、小籠包では定番の黒酢と刻みショウガは置いてありません(´・ω・`)

スポンサーリンク

 

美味しい~小籠包

しばらく待っていると、注文したものが運ばれてきました!!

まずは、オーソドックスな小籠包(380円)。

あんを包む皮は少し厚め。火傷しないように、レンゲの上にのせて皮を少しやぶり、スープの温度を確認。それほど熱くないことを確認してから、口の中に入れて噛みしめると、中からたっぷりのスープがあふれ出してきます。

美味しい~♪

値段が380円なので、それほど期待していなかったけど、この味で380円は安い!

続いて、「かに小籠包(380円)」。

カニの風味が感じられ、こちらも美味しい!!

えび焼売(500円)は、間違いない美味しさ。

台湾おこわ(380円)。

量は少なめですが、このおこわも美味しかったです!

 

まとめ

小籠包は6個入りで380円と安く、しかも美味しいので満足度が高い!

気軽に立ち寄れるお店なので、ランチやディナーではなくても、小腹が空いたときにちょっと立ち寄って、小籠包をほおばることができます。

 

=台湾タンパオ 新京極店=

<HP>
http://www.taiwantanpao.com/

<住所>
京都市中京区東側町503-18

<アクセス>
阪急河原町駅から徒歩5分

<営業時間>
11:00~20:00(不定休)

<地図>




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク