東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【デルタ航空】ゴールドメダリオンで座席がアップグレードされたものの…

time 2019/07/03

今年の3月31日までANAのプラチナ会員で、そのときにデルタ航空のステータスマッチを申請し、期間限定でゴールドメダリオン会員となっていました。

2017年にANAのSFC修行を行い、2019年3月31日まで、ANAのプラチナ会員でした。はい。現在は、ただのSFC会員に成り下がっています(;・∀・)プラチナ会員だった3月中に、デ...

アシアナ航空A380でアメリカのロサンゼルスまで飛んだ後、デルタ航空で最終目的地のオーランドへと向かいましたが、ゴールドメダリオン会員の特典をいくつか受けることができました♪




 

専用チェックインカウンター

ロサンゼルス空港には、ゴールドメダリオン会員以上の上級会員専用のチェックインカウンターがありました☆

専用のチェックインカウンターで気分良くチェックイン♪

アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空など、アメリカの主要航空会社は、アメリカ国内線の搭乗時でも預け荷物が有料。

デルタ航空は1個25ドルかかりますが、ゴールドメダリオン会員は32kgまでの荷物がなんと2個無料

スーツケースは1つだけでしたが、25ドルの節約となりました♪

チェックインを済ませた後、米国の厳しい保安検査がありますが、ゴールドメダリオン会員を含む上級会員は専用レーンに案内。

一般レーンもそれほど混雑していない状況でしたが、それでも気分はいいもの♪

窓越しに特徴的な建造物が見えました。

スポンサーリンク

 

コンフォートプラスへのアップグレード

ゴールドメダリオン会員の重要な特典の1つとして、座席のアップグレードがあります。

今回、デルタ航空のマイルを使った特典航空券でしたが、嬉しいことに特典航空券でもアップグレード可能。

事前にアップグレード申請しておくと、出発72時間前に空席があれば自動的にアップグレードされます。ファーストクラスは無理でも、コンフォートプラス(プレミアムエコノミー)へアップグレードされたらいいなぁと思っていたら、友達の席も含めて無事にコンフォートプラスへとアップグレードされました!!

ただし、座席は2人とも3列席の真ん中で離れた位置。

チェックインの時に横並びの席が無いか確認してみたものの、無いと言われました。ただ、「搭乗ゲートでもう一度確認してみて!」と言われたので、搭乗前に再確認してみると、横並びの席はないものの、真ん中の席で前後の位置には変更できると言われたので変更してもらいました♪

 

実際のコンフォートプラスの席は…

搭乗したのは、ロサンゼルス14:00発、オーランド21:45着のデルタ航空2618便。機材はB757。

実際には1時間遅れの出発となったものの、優先搭乗で悠々と機内に乗り込みます。

機内最前方にファーストクラス20席、次にコンフォートプラス29席、その後ろにメインキャビンの普通席が150席。

上のシートマップの赤色の席が私達の席。前が友達で後ろが私。

そして、見事にアップグレードされた私の席がこちら!

えぇ!?(;゚Д゚)

横幅は普通席と同じなのは知っていたけど、前の席との間隔がめちゃめちゃ狭く見える。。

後で調べると、コンフォートプラスのシートピッチは34インチ(86センチ)。ハワイ線に導入されたANAのA380のエコノミーのシートピッチと同じですね。

そして、窓側の席には、体が大き目のマッチョなお兄さんが着席中。マジか~と思いながら真ん中の席に座ったら、通路側の席にやってきたお兄さんも体の大きいマッチョでした(T_T)

名付けて「マッチョサンドイッチ」。

前の席に座っていた友達は、マッチョに挟まれた私を見て大笑い。

これなら、アップグレード無しで、横並びの普通席に座っていた方がよかったかも。。

あまり身動きできなかったため、機内サービス等の写真も撮れず、全然コンフォートじゃないコンフォートプラス席でオーランドへ向かいました(T_T)




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク