東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【WDW】移動に利用したウーバー(Uber)やリフト(Lyft)が超絶便利!!

time 2019/08/02

今回のウォルトディズニーワールド(WDW)の旅行では、ディズニー直営ホテルと、ディズニーとは何の関係もない一般ホテル(正確にはコンドミニアム)の両方に宿泊。

ディズニー直営ホテルでは、空港とホテルの間を無料で送迎してくれるバス(マジカルエクスプレス)や、パークとホテルの間を結ぶ無料のシャトルバスやモノレールがあり、WDWだけ楽しむなら、移動手段に困ることはそれほどありません。

「ディズニーハリウッドスタジオ」、「マジックキングダムパーク」、「ディズニーアニマルキングダム」、「エプコット」の4大パークを含むオーランドの一大ディズニーリ...

一般ホテルでも、ホテルとパークの間を結ぶシャトルバスサービスを提供しているところもあるようですが、私たちが最初に宿泊した「マリオット・グランデビスタ」では、そのようなサービスは無し。

10連休となった今年のGW。フロリダの「ウォルトディズニーワールドリゾート(WDW)」に行くのが目的で、オーランドに滞在。姉がマリオットバケーションクラブの会員で、...

というわけで、配車アプリのウーバー(Uber)とリフト(Lyft)を利用して移動していましたが、ものすごく便利でした!!




 

UberとLyftについて

UberとLyftは、ともにライドシェアサービスで、タクシー感覚で一般の人の車に乗せてもらうというもの。以下のようなメリットがあります。

・一般的に、タクシーよりも料金が安い

・乗車前に、目的地までの料金が分かる(ぼったくられない)

・乗車時点でドライバーが目的地を把握しているので、言葉が通じなくてもOK

・クレジットカードで支払いできる(要事前登録)

・ドライバーの評価システムがあり、評価の低いドライバーは避けることができる

一般の人の車に乗るということで、初めて利用したときはドキドキしましたが、慣れると便利すぎて、もうタクシーには乗れません(笑)

ともに、アプリをスマホにインストールして利用しますが、詳しい利用方法は、ググってみてください(・∀・)

 

オーランド国際空港から利用

ソウルとLAを経由するという少し変わったルートでオーランド国際空港に到着。

10連休のGWにアメリカに行ってきました!ANAの特典航空券の発売日である355日前の午前9時に、パソコンの前に張り付いて、アメリカ往復のチケット(ビジネスクラス)を取...

空港から宿泊施設まで、早速Lyftを利用。

Uber、Lyftともに、ターミナルBの2階(Level 2)20番と32番がピックアップエリアになっています。

外に出たら32番が近かったので、32番でアプリを立ち上げて配車を依頼。

アプリの画面上で、配車をお願いした車の車種、ナンバープレートとともに、車の現在位置と、あと何分程で到着するかが分かります。

ホテルまで約30分で28.57ドル、チップを入れて32.86ドルになりましたが、5ドルオフクーポンを利用して、27.86ドルになりました♪

チップの金額は降車してからアプリ上で選択することができます(支払わないという選択も可)。

スポンサーリンク

 

各パークにピックアップエリア有り

ディズニー・ハリウッドスタジオ」、「アニマルキングダム」、「エプコット」では、Uber、Lyftのピックアップエリアがあります。

パークに行くときには、ドライバーがピックアップエリアで降ろしてくれるので、特に気にする必要はないのですが、パークから乗るときには、ピックアップエリアからでないと乗ることができないので要注意!

こちらは、ディズニーハリウッドスタジオのピックアップエリア。

「RIDESHARE」と書かれていますね。

アニマルキングダムでピックアップエリアを示す看板。

エプコットは、エントランスからピックアップエリアまで少し歩く必要がありますが、案内板があるので、迷わずたどり着くことができます。

ピックアップエリアにたどり着くと、Uber、Lyftの車が続々と到着していました。

万が一場所が分からない場合には、周囲のスタッフに「Where is a pick-up area of Uber (Lyft)」などと聞いてみれば、親切に教えてくれるはず。

 

マジックキングダムは利用不可!

マジックキングダムでは、UberやLyftの乗り入れが禁止されています。

エントランスにいたスタッフに聞くと、

・モノレールに乗ってTTC(Transportation and Ticket Center)まで行き、そこから乗車

・コンテンポラリーリゾートホテルまで歩いて行き、そこから乗車

の2通りの方法を教えてもらいました。

私たちはコンテンポラリーまで歩き(約10分)、そこから乗ることにしました。

 

UberとLyftの違い

2つのアプリを立ち上げて、同じ目的地を入れて料金を比較してみましたが、ほとんど同じでした。

私たちは、5ドルオフ×10回のクーポンがあったLyftを主に利用。

LyftのHPを見ると、2019年7月時点で、以下のクーポンがあります。

・5ドルオフ×3回(電話番号を入力してクーポンコード取得)
・4ドルオフ×4回(クーポンコード:LYFTPROMO16)
・3ドルオフ×6回(クーポンコード:LYFTPROMO18)
・2.5ドルオフ×10回(クーポンコード:LYFTPROMO25)

あと、アプリで目的地を入力したときに、思ったよりも高い料金が表示されたので、少し(数分)時間を置いてから再度同じ目的地を入力すると、料金が下がったことがありました。

需要と供給のバランスで料金が変動するらしいので、高いなぁと思ったときは、配車タイミングを少しずらしてみると、料金が下がるかもしれません。

 

まとめ

タクシーと比べて、何かとメリットの大きいUberとLyft。

ディズニー直営ホテルに宿泊している場合でも、シャトルバスが出たばかりで、次のバスが来るまでに時間がある場合や、スーパーマーケットなど、WDW以外の場所に行きたい場合には非常に重宝しますよ!




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク