東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

観光に便利なホテル「ヒルトン サンフランシスコ ユニオンスクエア」宿泊記

time 2019/08/24

ウォルトディズニーワールド(WDW)を満喫したオーランドから日本へ帰国する際に立ち寄ったサンフランシスコ。

1泊だけなので、観光拠点として便利なユニオンスクエア近くにある「ヒルトン サンフランシスコ ユニオンスクエア」に宿泊しました☆




 

ヒルトンの場所・アクセス・治安

「ヒルトン サンフランシスコ ユニオンスクエア」は、市内観光の拠点となるユニオンスクエアまで徒歩6分ほどと、利便性の高い場所にあります。

サンフランシスコ国際空港からは、高速鉄道BARTに乗り、パウエルストリート(Powell street)駅で下車して徒歩約6分。

サンフランシスコに来れば必ず乗りたいケーブルカーの始発駅「パウエルストリート駅」へも徒歩6分ほど。

ですが、この時は絶賛工事中で、パウエルストリート駅から乗車することはできず(T_T)

ここには、ケーブルカーの前と後ろを逆にするための回転台があり、人力で回転させる様子を見ることができるのですが、それも見れず(以前見たことありますが)。

気になる治安ですが、ヒルトンよりも東側、ユニオンスクエアやパウエルストリート駅付近は、観光客も多く、危険な雰囲気は感じませんでした。

ただ、ヒルトンよりも西側は治安が悪いとの情報があるので、西側へとふらっと散策などはしない方がいいかと思います。

 

ホテルの外観

こちらがホテルの外観。

重厚感のある立派な建物ですね。

チェックインカウンターの近くにあるロビーラウンジは、常に多くの人がいました。

ホテル内には売店があります。

パン、スナック、ドリンクなどを購入することができますが、値段は結構高めでした。




 

部屋の紹介

予約していた部屋は、ベッドが2つのキングルーム。

税金・サービス料込みで、1部屋1泊23,000円ほどでした。

ベッドの横にはソファが置かれていますが、スペースの関係からか、1人掛けのものが1つだけ。

狭いですが、机と椅子があります。テレビは壁掛け。

使用しなかったけど、机の上にはタブレットがありました。Wi-Fi完備。

湯沸かし器の他、コーヒーメーカーもあり。

セーフティボックスもあります。

 

水回り

水回りですが、トイレ、洗面台、お風呂がコンパクトに配置されています。

バスタブ付きでした。シャワーはハンドタイプ。

シャンプー、コンディショナーなどのアメニティは、「バーベナ&ラベンダー(VERBENA and LAVENDER)」というブランドのもの。

 

まとめ

周辺には、メイシーズ(macy’s)などのデパートやブランドショップ、そしてレストランも多数あるので、ショッピングやグルメを楽しむことができます。

観光やビジネスの拠点として利便性の高い場所にあり、サンフランシスコ市内中心のホテルとしては料金も手ごろな「ヒルトン サンフランシスコ ユニオンスクエア」ホテルでした(・∀・)




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク