東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【エアプサン搭乗記】日本最短の国際線フライトを楽しむ!(福岡-釜山)

time 2019/12/27

日本で一番短い国際線の航路がどこかご存じでしょうか?

私は、石垣島-台北間が一番短いと思っていたのですが、実は、福岡-釜山間が最短なのです(・∀・)

Mileage Calculator」の計算によると、福岡-釜山は133マイルなのに対して、石垣島-台北間は193マイル。

ANAのマイレージチャートによると、同じ九州の福岡-宮崎間が131マイルなので、それとほぼ同等。

大阪伊丹空港を拠点とした場合には、愛媛の松山空港との間が159マイルなので、それよりも短いですね(;゚Д゚)

ということで、日本最短の国際線航路である福岡-釜山間をエアプサンで飛んできました!!




 

KALラウンジに入れず…

まずは、福岡空港・エアプサンのチェックインカウンターでチェックイン!

事前座席指定は有料のため座席指定をしていなかったのですが、チェックイン時に窓側をリクエストしました♪

今回、預け荷物は無かったのですが、「スーパーSMARTスペシャル」などの安い運賃では預け荷物は無料ではないので要注意です(・∀・)

その後、出国審査を受けて制限エリアへ。

初めて福岡空港の国際線ターミナルを利用しますが、こじんまりしていますね。

プライオリティパスが使える大韓航空の「KALラウンジ」へ。

プライオリティパスで入室できる時間が8:30~10:45、14:30~16:05との案内がありましたが、ちょうど入れる時間帯だったので、ラッキー!と思って入室したものの、受付の方に「大韓航空利用のお客様で埋まる予定なので、プライオリティパスでの入室は控えさせていただいています」と言われてしまいました(T_T)

確かに中は狭かった。。

仕方なく、隣にあるカードラウンジ「ラウンジTIMEインターナショナル」へ。

こちらは空いていました♪

 

沖止めの機体

搭乗するのは、福岡16:05発、釜山17:05着のエアプサンBX145便。

エアプサンはLCCですが、アシアナ航空とのコードシェア便でした。

ちなみに、チケット料金は2,000円で、燃油サーチャージ等込みの総額が5,270円。安い!!

機体は、飛行機好きには嬉しい沖止め♪

それでは搭乗しましょう☆




広めのシートピッチ

機材は、ナローボディのエアバスA321-200。シート配列は3-3。

シートピッチは、LCCとしては広めでしょうか?

座っていて、窮屈間は全く無かったです。

韓国のLCCを中心に、日韓線のフライトが運休や減便になっているというニュースを聞いていたこともあり、機内はガラガラなんじゃないかと思っていましたが、最終的には結構埋まりました。

 

機内誌

LCCなのでシートにモニターは付いていません。シートポケットには、免税品情報誌や機内誌等が入っていました。

LCCなのでドリンクや食事は有料。

カップラーメン400円、コーラ200円、スナック200円、缶ビール(キリン一番搾り)600円など。

ま、単距離なので、購入している人は見かけなかったです(・∀・)

 

実際の飛行時間は30分

飛行機は、定刻通りに出発。

フライトスケジュール上では、飛行時間は1時間となっていますが、離陸してから着陸するまでの実際のフライト時間は30分ほどでした(;゚Д゚)

飛び立って安定飛行に入ってからしばらくすると、徐々に高度を下げ始めるといった感じ。機内では、機内誌に目を通したり、釜山のガイドブックを眺めたりして過ごしていました。

予定より早く釜山に到着☆

フライトはあっという間でしたが、釜山・金海国際空港の入国審査のカウンターが少なく、入国するのに結構時間がかかりました(>_<)

 

まとめ

日本最短の国際線フライトの福岡-釜山間ですが、実際のフライト時間が30分ということで、やはり短いですね。

エアプサンは、料金が安かったのと、シートピッチが広めだったのが良かったです☆




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク