東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

【二条若狭屋】種類豊富なかき氷。この日いただいたのは…

time 2020/09/23

毎日暑かった京都も少しずつ涼しくなってきて、スピードワゴン小沢さんの「徳井君、夏が終わっちゃうよ」という声が聞こえてきそうな今日この頃。

コロナの影響で今年の夏は全く遠出しませんでしたが、もう少し夏の余韻に浸るべく、かき氷を食べに行ってきました♪

二条若狭屋




 

二条若狭屋

向かったお店は、二条若狭屋の寺町店

二条若狭屋 寺町店

二条若狭屋は、創業103年の老舗の和菓子屋。本店は、烏丸通と堀川通の間の二条通沿いにありますが、飲食スペースが無いため、寺町店に行きました。

二条若狭屋 寺町店

入口に、かき氷のメニューが一部掲載されていました。

二条若狭屋 かき氷のメニュー

今月のおすすめは、「ぶどう」、「バジルライム」、「あんみつ氷」。

店舗の1階は販売エリア、2階が飲食エリアとなっています。順番待ちのお客さんが1組いて、15分ほど待ちました。

待っている間に商品を見ていると、疫病を鎮めると妖怪ということで話題になっていた「アマビエ」を模した和菓子が販売されていました。

二条若狭屋 アマビエ

可愛らしいデザインですね♪




メニュー

メニューです。

和菓子屋らしく、ぜんざい、本わらび餅、あんみつなど。パフェもあります♪

二条若狭屋のメニュー

お目当てのかき氷は、「宇治金時」、「利休」、「ほうじ茶氷」、「黒みつ氷」。

二条若狭屋のメニュー

さらに、5種類のシロップを楽しめる「彩雲」の他、「ぶどう」、「早摘みミカン」、「ブラムリー」、「バジル&ライム」と、かき氷の種類はとても豊富☆

二条若狭屋のメニュー

飲み物は、抹茶、煎茶、ほうじ茶など。

二条若狭屋のメニュー

 

サービスの和菓子

店内はそれほど広くないです。

二条若狭屋 寺町店の店内

席に着いて注文を済ませると、サービスの和菓子が運ばれてきました♪

二条若狭屋 和菓子

無料でいただけるのは嬉しいサービス♪普段、和菓子を食べる機会があまりないですが、甘さ控えめでいいですね♪

 

3種類の味

かき氷は、種類が豊富なので、何を注文しようか迷いましたが、「抹茶」、「ほうじ茶」、「みぞれ」の3種類の味が楽しめる「利休(1,100円)」にしました!

二条若狭屋のかき氷

粒あんがトッピングされていて、さらに別添えの白玉が3つ付いています。

上から見ると、抹茶の緑、ほうじ茶の黄色、みぞれの白と、3色に分かれていますね♪

二条若狭屋のかき氷

抹茶は味が濃いですね。ほうじ茶は、苦みも感じられつつ、さっぱりいただけます。みぞれは、安定の味。

3種類の味のバランスが取れていて美味しい~!

別添えであられもついて、上から振りかけると、サクサクした触感も加わります♪

二条若狭屋のかき氷

あんこ、栗、白玉もあり、様々な味を楽しめるのがいいですね♪

 

ぶどうのかき氷

友達は、季節のかき氷の「ぶどう(1,300円)」を注文。

二条若狭屋のかき氷

ミルクシロップとぶどうシロップの2種類が使われていて、中に紅茶とぶどうのゼリーが入っています。

二条若狭屋のかき氷

味見させてもらったけど、シロップが濃い!

季節のかき氷は、「早摘みミカン」や「バジル&ライム」も気になりますね。

ごちそうさまでした!

 

まとめ

抹茶、ほうじ茶、みぞれの3種類の味が楽しめる二条若狭屋のかき氷、とても美味しかったです!

かき氷の種類が豊富で、季節限定の味もあるので、何度も通いたくなりますね。

老舗の和菓子屋さんということで、あんみつや本わらび餅も気になります♪

 

=二条若狭屋 寺町店=

<住所>
京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67

<営業時間>
9:00~18:00
(二階茶房は10:00~17:00)

<アクセス>
地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩5分

<地図>




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク