東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

行列の絶えない人気店「宮武」で大満足の和食ランチ♪

time 2021/02/07

コロナの影響でいまだに非常事態宣言下の京都。

観光客もかなり減っています。

こんな時だからこそ、普段行列が多くてなかなか行くことのない人気のお店に行ってみよう!ということで、以前お店の前までは行ったものの、ものすごい行列を見て断念したお店にランチに行ってきました!

宮武の前の行列




 

魚河岸 宮武

向かったのは、JR嵯峨野線「丹波口駅」近くにある花街「島原」。

島原

お店の名前は「魚河岸 宮武」。住宅街の中にポツンとあります。

宮武

土曜日の12時過ぎに到着すると、お店の前には結構な人、人、人。

宮武の前の行列

ウェイティングリストに名前を書く方式なので、列で並ぶ必要はないです。リストを見ると、7~8組が待っている状態で、スタッフの方から待ち時間が20分程と教えてもらいました。

外で20分ほど待っていると、名前を呼ばれたので店内へ。

 

店内の様子

店内は、京町家によくある「うなぎの寝床」と呼ばれる造りになっています。間口が狭くて奥行きが深い。

お座敷席とカウンター席があり、お座敷に案内されました。

宮武の店内

お座敷席は、掘りごたつになっていて快適♪

坪庭もあります。

宮武 坪庭

カウンター席は、コロナの影響でかなり席数を減らして営業されています。

宮武の店内




ランチメニュー

ランチのメニューは、お店の前にも掲げられていました。

宮武のメニュー

日替御膳(800円)
お造り御膳(1,300円)
海鮮ちらし御膳(1,500円)

ランチは、日替御膳が一番人気のようで、外で並んでいた12:20頃に売切れになりました。『え~!?』と思ったら、既に並んでいる人の分は確保しているとの案内があり、一安心♪

 

日替御膳の内容

迷うことなく、一番人気の日替御膳を注文。周囲を見ても日替御膳を注文している人が多かったです。

注文後、体感で1分くらいで運ばれてきました。早っ!

宮武の日替御膳

小鉢が並べられ、美しい見た目。そしてなかなかのボリューム!

内容は、

・真鯛唐揚(甘酢たまごあんかけ)
・おまかせつくり
・さんま宮武煮
・海鮮南蛮漬
・海鮮おから煮
・塩昆布ポテトサラダ
・御飯、明太子、みそ汁

宮武の日替御膳

とても800円とは思えない内容!!

メインの真鯛の唐揚げは、大き目のものが3つも入っていました。

宮武の日替御膳

魚は、水産会社直営の新鮮なものを使用しているとのことで、一品一品どれも美味しい~☆☆☆

これで800円は爆安でしょ!人気店というのもおおいに納得(・∀・)

大満足のランチでした☆

 

まとめ

日替ランチは、美味しい上にボリューム満点で800円とは思えない内容でした☆

ランチは、予約不可なので並ぶ必要がありますが、並ぶ価値があると断言できます!

リピート確定ですね☆

=魚河岸 宮武=

<HP>
http://uogashi-miyatake.jp/

<住所>
京都市下京区西新屋敷下之町6-5 アンクル島原 1F

<アクセス>
JR嵯峨野線「丹波口駅」から徒歩3分

<営業時間>
10:30~14:00(売切れ次第終了)
17:00~23:00

<地図>




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク