東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

海外・国内旅行記と京都のグルメ情報など

賞味期限はたった10分!触感が変化する「カフェ キョウトケイゾー」のモンブラン

time 2021/01/04

明けましておめでとうございます。

京都生活5年目に突入しました☆

コロナで大変な世の中になってしまっていますが、今年も京都のお店を新規開拓したり、お寺巡りをしたり、旅行に出掛けたり(可能なら…)と、自分のやりたいことをしていこうと思います(・∀・)

新年最初の記事を書く前に、自宅の前に飾っている高さ3mの門松を披露します。

二条城

嘘です。世界遺産「二条城」の東大手門前に飾られている門松です(笑)

二条城

テレビのニュースで知り、見に行ってきました。気軽に見に行けるのが京都在住の良いところ♪

本年もよろしくお願いいたします。




 

スイーツカフェ キョウトケイゾー

新年最初の記事は、賞味期限がわずか10分という「10分モンブラン」!

お店は、二条城の南側に位置し、堀川通と千本通の間にある三条商店街の中にあります。

三条商店街

お店の名前は「スイーツカフェ キョウトケイゾー(Sweets Cafe KYOTO KEIZO)」。

スイーツカフェ キョウトケイゾー

テレビで何度も紹介されているため、お店の前までは何度も行っているのですが、いつも凄い行列ができているので、毎回断念(>_<)

スイーツカフェ キョウトケイゾー

ただ、年末は人が少ないのではないかと思って行ってみると、読み通り、並んでいる人は一人もいなくて、すんなり入れました♪

スイーツカフェ キョウトケイゾー

10分モンブランがウリのお店ですが、店の前の立て看板で紹介されているショートケーキも美味しそう☆

 

10分モンブランは3種類

町家を改装した店内には、テーブル席とカウンター席があり、どちらでも良いというので、テーブル席へ。

スイーツカフェ キョウトケイゾー

コロナ禍の現在、テーブルの距離が近いのが若干気になるところ(´・ω・`)

カレーやタコライスなどの食事メニューもあり、食事メニューとケーキとドリンクの組み合わせで1980円というお得なセットも有り。

スイーツカフェ キョウトケイゾーの店内

スイーツメニューはこちら!

スイーツカフェ キョウトケイゾーのスイーツメニュー

10分モンブランは以下の3種類。

・和栗の10分モンブラン(800円)
・恋い抹茶の10分モンブラン(950円)
・季節限定:ピスタチオの10分モンブラン(950円)

初めてなので、王道の「和栗の10分モンブラン」のドリンクセット(1300円)を注文。ドリンクは、紅茶にしました☆




製造過程を鑑賞

注文を済ませると、モンブランの製造過程を見ることができるというので、中庭のような場所を通って菓子工房へ。

スイーツカフェ キョウトケイゾー

注文が入ってから1つ1つ手作りで作られます。

スイーツカフェ キョウトケイゾーの菓子工房

手際良くモンブランを作っていくところを見ることができました☆

スイーツカフェ キョウトケイゾーの菓子工房

 

食感が変わる

作り立てのモンブランがすぐにテーブルに運ばれてきました!

10分モンブラン

大きな栗が上にのっています♪

10分モンブラン

断面の写真を撮ろうと半分に割ったら崩れてしまったので、友達が注文したモンブランの断面を撮影。

10分モンブラン

中心にメレンゲがあり、その周囲がマロンクリームで覆われています。時間が経つと、メレンゲがマロンクリームの水分を吸収していくので、賞味期限を10分に設定しているとのこと。

食べてみると、メレンゲがサクサク、マロンクリームは栗の旨味が濃厚で美味しい!!

せっかくなので、時間をかけて食べてみましたが、時間が経つに連れて、メレンゲがしっとりした食感となり、味の変化を楽しむことができます♪

「10分モンブラン」というネーミングが絶妙ですね☆

ごちそう様でした!!

 

まとめ

前から気になっていた話題の10分モンブランをついに食べることができました。時間の経過とともに触感が変化するモンブラン、美味しかったです♪

抹茶の10分モンブランや、季節限定のピスタチオの10分モンブランも気になるところ。

町家を改装した店内の雰囲気も良く、行列が無ければまた訪れたい素敵なカフェでした☆

 

=スイーツカフェ キョウトケイゾー(Sweets Cafe KYOTO KEIZO)=

<HP>
https://kyoto-keizo.com/

<住所>
京都市中京区御供町293

<アクセス>
阪急「大宮駅」から徒歩9分
地下鉄「二条城前駅」から徒歩6分

<営業時間>
10:30~18:30(18:00L.O)

<地図>




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!


スポンサードリンク