東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

海外・国内旅行記と京都のグルメ情報など

【からふね屋珈琲】150種類以上のパフェの中から選んだのは…

time 2022/06/19

日本全国パフェ愛好家の皆さん、こんにちは(・∀・)

家族や友達とパフェを食べに行くときに、「チョコレートパフェが食べたい!」、「私は抹茶パフェがいい!」、「今日はストロベリーパフェの気分」などと、食べたいパフェの種類が違うために、行くお店がなかなか決まらないことありますよね?

そんなときには、京都の「からふね屋珈琲」に行きましょう!

150種類以上のパフェがあなたを待っています☆

からふね屋珈琲のパフェ




 

からふね屋珈琲

からふね屋珈琲は、1972年に京都で創業した老舗のカフェ。

京都に何店舗かあるのは知っていましたが、京都だけでなく大阪と岡山にもありました。合計11店舗。

今回訪れたのは、京都市内の中心に位置する三条本店

からふね屋珈琲

お店の正面には、たくさんのパフェがディスプレイされています!

からふね屋珈琲のパフェ

中には、「アメリカンドッグパフェ」、「ポテトフライパフェ」、「エビフライパフェ」などの変わり種パフェも!

からふね屋珈琲のパフェ

どれにするか迷うな~と思いつつ、店内へ。

 

パフェ、パフェ、パフェ

店内に入っても、様々な種類のパフェがディスプレイされていました!

からふね屋珈琲のパフェ

パフェの種類は150種類以上!これはもはや「パフェの美術館」でしょう!

4名~5名向けのバケツパフェ(9,350円)や、さらに大きいジャンボパフェ(11,000円)などもあります☆

からふね屋珈琲のパフェ

みんなでワイワイ言いながら食べるのが楽しそう♪

お店には休日の15時頃に行きましたが、店内は満席で少し待ちました。

パフェメニューが充実ということで、女性のお客さんが多いですね。

からふね屋珈琲の店内

 

からふね屋珈琲のメニュー

それでは、メニューを見ていきます!

チョコレートベースのパフェ。値段は、800円~1000円台が多いです。

からふね屋珈琲のパフェのメニュー

写真付きで、どのようなパフェなのかイメージできるのはありがたいですね☆

みんな大好きストロベリーのパフェ。

からふね屋珈琲のパフェのメニュー

マンゴー、ブルーベリーなどのフルーツ系パフェや、パンプキン、サツマイモなどを使ったベジタブルパフェ

からふね屋珈琲のパフェのメニュー

抹茶、大福、きなこなどを使った和風パフェ

からふね屋珈琲のパフェのメニュー

キャラメルを使ったパフェ、ミルクティパフェ、そしてタコ焼きパフェなどのおもしろ系パフェ

からふね屋珈琲のパフェのメニュー

種類が多いので、どれにするか本当に悩みます!

種類が多すぎて選べない!という方は、お店がおすすめする5種類の中から選びましょう☆

・黒みつと抹茶わらびもちパフェ(840円)←人気No.1
・ジャンボチョコソフトパフェ(900円)
・ロイヤルミルクティパフェ(900円)
・ベリージェラート生チョコマシュマロパフェ(980円)
・バナナチョコレートパフェ(1,020円)

からふね屋珈琲のパフェのメニュー

 

パフェを実食!

悩みに悩んだ末、ストロベリーチーズケーキパフェ(1,020円)を注文☆

からふね屋 ストロベリーチーズケーキパフェ

見た目がカラフルで美しいですね♪具材がたくさん使われています。

ストロベリーアイスの横には、ブルーベリーなどのフルーツのトッピング。2本のストロベリーポッキーとともに、縦長にカットされたチーズケーキが天高くそびえ立っています☆

からふね屋 ストロベリーチーズケーキパフェ

様々な味が楽しめて美味しい~♪

友達が選んだのは、キャラメルとメープルのワッフルパフェ(900円)

からふね屋 キャラメルとメープルのワッフルパフェ

キャラメルソースがかかっていて、こちらも美味しそう♪

からふね屋 キャラメルとメープルのワッフルパフェ

美味しかったのでペロッと食べちゃいました♪パフェの種類が多いので、何度も通ってしまいますね☆

次回は、どのパフェにしようかなぁ~♪

 

=からふね屋珈琲 三条本店=

<HP>
http://karafuneya.jp/

<住所>
京都市中京区河原町通三条下ル大黒町39

<アクセス>
・地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩5分
・京阪「三条駅」から徒歩7分

<営業時間>
9:00~23:00(日~木)
9:00~翌1:00(金・土・祝前日)

<地図>




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!


スポンサードリンク