東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

海外・国内旅行記と京都のグルメ情報など

【2021年】行列2時間待ちの洋食店「おおさかや」のカキフライ定食

time 2021/12/12

今年もはや12月。

おでん、鍋、カニなど、冬の味覚を楽しめる季節になりましたが、冬の味覚で忘れてはいけないのが牡蛎

以前訪れたことがある洋食店「おおさかや」のカキフライが久しぶりに食べたくなり、自転車でお店にたどり着いたら、かなりの行列でした~(>_<)

洋食おおさかや




 

京都なのにおおさかや

お店の場所は千本北大路。京都にあるのに「おおさかや」です(・∀・)

洋食おおさかや

上の写真は、食後にお店を出たときの状況ですが、たどり着いた時(休日の12時頃)には、お店の外に10人ほど並んでいました!!

洋食おおさかや

以前訪れたのは夜。その時は、並ぶことなくすんなり入店できたのですが、いつからこんな人気店になってしまったのでしょうか??

入口には、『カキフライの品切れのタイミングが分からず、並んでいるタイミングや、注文後のタイミングでも売切れとなる場合がある』との張り紙がありました。

洋食おおさかやの張り紙

並んでいる時に無くなるのは仕方ないにしても、行列に並んでようやく注文できたのに、その後で「無くなりました」と言われたら凹むなぁ。。

 

メニュー

お店の前に掲載されているメニューです☆

洋食おおさかやのメニュー

あれ?と思って、以前訪れたときのブログの記事を見てみると、前回訪問時(2019年)と比べて、60円~80円ほど値上がりしてました。

といっても、チキンカツ定食750円、とんかつ定食780円、ハンバーグ定食730円と、まだまだ良心的な値段となっています☆

洋食おおさかやのメニュー

お目当てのカキを使った定食は5種類

・かきフライ定食S(カキ5~6個):980円
・かきフライ定食(カキ9~10個):1,250円
・かきフライセット(かきフライとハンバーグ):1,250円
・かきコロセット(かきフライと海老クリームコロッケ):1,300円
・かきフライミックス(かきフライ、海老フライ、キスフライ):1,380円

行列に並んでいる人はほとんど、名物のカキフライが目当てです(・∀・)

 

2時間待ってカキフライ登場!

お店の外で並んでいたのは40~50分ほど。

ようやく店内に入れたと思ったら、中でも座って待ちます!

洋食おおさかやの店内

待っている間に注文ができますが、カキフライへの道のりは長い!

その後、空いたテーブルに案内されましたが、注文した料理が出てくるまでさらに長いこと待ちました~。

手作り洋食のお店ということで、丁寧に調理をされているものと思われます(・∀・)

時刻は14時。並び始めてから2時間が経ち、お腹が空き過ぎて自分の指の1本1本がカキフライに見え始めてきた頃、注文したカキフライ定食(1,250円)がようやく登場!!!

洋食おおさかやのカキフライ

カキフライがのったお皿とタルタルソースの他、ご飯、味噌汁、ひじきの煮物、沢庵。

メニューには、カキが9~10個と書かれていましたが、数えてみると10個ありました!!

洋食おおさかやのカキフライ

しかも1つ1つが大粒でかなり大きいです。とても一口では無理な大きさ(おちょぼ口アピールでは無い)!

タルタルソースをたっぷりつけて口に運ぶと、美味しい~♪♪

やっぱ冬はカキフライだなぁ(#^^#)

安くて美味しくてボリュームあり!ということで、人気が出るのも当然かもしれません☆

 

海老クリームコロッケ定食

カキフライにそれほど興味がない友達は、海老クリームコロッケ定食(950円)を注文。

洋食おおさかやの海老クリームコロッケ

海老クリームコロッケがいくつか入っているのかと思いきや、ジャンボ海老クリームコロッケがドーン!と1つのっていました。

洋食おおさかやの海老クリームコロッケ

カキフライに負けず劣らずクリームコロッケも好きですが、味見させてもらったところ、クリームコロッケの中に海老がゴロゴロ入っていて、こちらも美味しかったです♪

お腹が空いていたこともあり、10個のカキフライは、ペロッと頂きました!

と言いたいところですが、カキフライがかなり大きく、海老クリームコロッケを少し分けてもらったこともあり、友達に3個あげました(;・∀・)

安くて美味しいのは嬉しいけど、待ち時間はもう少し短い方がいいなぁ~。

ごちそうさま!!

 

=おおさかや=

<住所>
京都市北区紫野下御輿町7

<アクセス>
京都市バス「千本北大路バス停」下車、徒歩2分

<営業時間>
11:30~14:30(L.O)
18:00~21:30(L.O) 木曜日夜は休み
水曜定休

<地図>




« »
スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!


スポンサードリンク