東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

座席が狭い!バニラエア搭乗記(関空-台北)

time 2018/01/04

今年最初の記事は、飛行機好きの私らしく、飛行機の搭乗記です(・∀・)

年末年始にベトナムのハノイに行ってきましたが、往路はLCCを3本乗り継ぐLCC修行(笑)。

その1本目が関空発台北行きのバニラエア。バニラエアは、初搭乗です♪

スポンサーリンク

 

バニラエアとは?

バニラエアは日本のLCCで、親会社はANA。

国内だけでなく、台北、高雄、香港、セブ、ホーチミンにも就航しています。ただし、台北経由のホーチミン線は、利用者数が目標を下回っていることから、今年の3月で運行が終了することが決まっています。

機体のカラーリングと、「バニラ」というネーミングで好感が持てますよね。一度搭乗したいと思っていました(・∀・)

 

ANAプラチナ会員の恩恵は無し

京都から特急はるかに乗って関西国際空港(関空)に到着したのは、出発の約1時間40分前。チェックインカウンターに向かうと、20人くらい並んでいました。親会社がANAであっても、ANAプラチナ会員が優先されることは全くないので、おとなしく並んでチェックイン。

 

座席が狭い!

搭乗するのは、関空22:40発、台北00:55着のJW179便。

機材はエアバスA320。初搭乗なので、ワクワクしながら乗り込みます♪

CAさんの青色の制服が印象的でした(・∀・)

座席の配列は3-3。LCCによくある革張りのシートです。

シートに座って最初に思ったのが、狭い!スカイスキャナーの情報によると、シートピッチは71cm。それほど大きくない私ですが、座ると前の席に膝が当たります(+_+)

LCCなので、もちろんモニターもありません。

 

機内誌「VANILLA PRESS」

バニラエアは、昨年の4月に「VANILLA PRESS(バニラプレス)」という季刊機内誌を創刊しました。

ANAの翼の王国やJALのSKYWARDみたいなもんです。機内食が紹介されていたので確認。

外国のLCCの機内食と違って美味しそうだけど、関空に向かう特急の車内でお弁当を食べたのでパス。22:40発という出発が遅い便なので、周りでも機内食を注文している人はいませんでした。

 

機内では

ぱっと機内を見渡したところ、ほぼ満席でした。日本人よりも台湾の人が多い感じ。

機内では、タブレットにダウンロードしておいた映画を見ようと思っていたものの、離陸してしばらくすると機内の照明が消えたので、睡魔に襲われてほとんど寝ていました。

座席の狭さが気になったものの、飛行時間は3時間ちょいなので、我慢できるレベル。

今回は、フライトスケジュールと料金の点からバニラエアを選択したけど、シートピッチが狭いので、次回以降、積極的に選択することはないかな~。シートピッチ以外に不満な点は無かったんですけどね(・ω・)




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク