東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

ロケーションが良くて値段の安いソウルのホテル「トモ レジデンス」

time 2018/07/30

アシアナ航空のビジネスクラスに乗るのが目的でソウルに行ってきました!

1泊2日でソウルに行ってきました!ソウルに行く目的は、アシアナ航空のビジネスクラスに乗ること♪ソウルでショッピングをしたいとか、韓国ドラマのロケ地巡りをしたいと...

ソウル到着が夜で、次の日には日本に戻る旅程だったので、安いホテルでいいなと思って予約したのが「トモ レジデンス」というホテル。ショッピングやグルメを楽しむのに利便性の良いホテルでした(・∀・)

スポンサーリンク

 

利便性のいい明洞に立地

今まで色んな国に行ったことがありますが、トランジットを除けば、実は初韓国。ソウルに何度も行ったことのある友達に「泊まるならどの辺がいい?」と聞いたら、「明洞(ミョンドン)が何かと便利」と教えてもらったので、明洞の中で値段が安く、口コミで評価の高いホテルを探して見つけたのが「トモ レジデンス(Tomo Residence)」。

明洞は、色んなショップやレストランが多数あり、夜遅くまで賑わうエリア。夜には屋台が建ち並んでいました。ホテルから歩いて行けるので、立地は抜群!

と言っても、ホテルの前は、それほど人通りが多いわけではないので、騒がしい感じはありませんでした。

 

フロントは2階

ホテルのフロントは2階にあります。「TOMO貿易」と書かれた看板の下にある入口から階段を上がって2階へ。

エレベーターが無いので、大きいスーツケースを持っていると大変ですが、入口にあるインターフォンで連絡をすると、スタッフの方が荷物を運んでくれます。

スタッフの方は日本語を話せる人で、チェックインの対応は全て日本語でした。部屋まで案内してくれ、とても親切。海外で日本語が通じるというのはありがたい。

利用しなかったけど、3階に共同キッチンがありました。

 

部屋は狭い

予約していたのはシングルルーム。ホテル予約サイトの「アゴダ(agoda)」を通して、1泊4,800円。

ですが、シングルが満室ということで、ツインルームになりました。

部屋は、はっきり言って狭いです。明洞という立地のいい場所で、1泊5,000円しないので、当然と言えば当然かもしれません。

デスクと小さい冷蔵庫もありました。日本のビジネスホテルみたいな感じですね。

デスクの上に置いてある水色のボックスは、変圧器。部屋にコンセントが無いなぁと思ったら、この変圧器にコンセントがありました。

無料のWi-Fiも利用可。最初、全然つながらなかったので、空港でレンタルしたWi-Fiルーターをしばらく使っていましたが、途中で接続し直してみると、普通に使えました。

 

トイレとシャワーは一体的

トイレとシャワーは、部屋の入口を入ってすぐ右側にありました。

トイレとシャワーが一体的になっているタイプ。

シャワーとトイレの距離が近いので、シャワーを使うとトイレがびしょびしょになります。できるだけトイレが濡れないようにシャワーを使いましたが、やはり濡れました。床には、濡れてもいいようなサンダルが置いてあります。

シャンプーとボディソープ。

歯ブラシもあります。

 

感想

こちらのホテルのウリは、明洞に位置し、利便性がいいことと、値段が安いこと。少し歩くだけで、本当に多くのショップやレストランがあります。近くにスーパーもありました。買い物をした後、部屋に荷物を置きに戻ってから、また出掛けることもできます。

できるだけ安く泊まりたいけど、立地にはこだわりたいという人にはぴったりで、おすすめです!

 

=トモ レジデンス(Tomo Residence)=

<住所>
2nd Floor, 51, Myeongdong 8ga-gil,Seoul

<アクセス>
地下鉄「明洞駅」から徒歩2分
地下鉄「乙支路3街駅」から徒歩8分

<地図>




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク