東京から京都に移住したOL ~旅と古都ライフ~

「パークロイヤル クアラルンプール」のクラブラウンジを満喫♪

time 2018/10/24

マレーシアのクアラルンプールでは、交通至便なブキッビンタンの「パークロイヤルホテル」に宿泊。

ANAのSFC会員になったことや、特典航空券でビジネスクラスを利用する機会が増えてきたことなどで、航空会社のラ…

ラウンジを利用できるクラブルームに宿泊したので、ラウンジも満喫してきました♪

スポンサーリンク

 

オーキッドクラブラウンジ

「オーキッドクラブラウンジ」があるのは6階。クラブルーム宿泊者専用のエレベーターでアクセスできます。

「専用エレベーター」に乗るだけで優越感を感じてしまいます。庶民あるある。

ラウンジのオープンは6:30~23:00。窓が大きいので、明るく開放的。

ソファ席もあり、ゆったりくつろぐことができます。

利用する人は少なく、どの時間帯でも混雑するようなことはありませんでした。

ラウンジの横にテラスがありました。夕方にテラスへと出ると、風が心地よかったです♪

ラウンジでは、料理やお酒を楽しむことができますが、時間が決まっています。

・朝食:6:30~10:30(平日)、6:30~11:00(週末)
・ミッドデイスナック:15:00~17:00
・イブニングカクテル:18:00~20:00

 

ミッドデイスナック

ラウンジを目いっぱい楽しむつもりだったので、ミッドデイスナックが始まる15時ちょうどに突撃!

料理が置かれるスペースを見に行くと…

あれ??紅茶と、小皿に取り分けるスナックしか置いてない…(´・ω・`)

冷蔵庫の中には市販のソフトドリンクの他に、透明な瓶に入ったフルーツジュースが置いてありました。

ミッドデイスナックってこれだけ??と思ったら、スタッフの方に「アフタヌーンティー?」と聞かれたので、「YES!」と答えると、テーブルにアフタヌーンティーセットが運ばれてきました!

これが無料でいただけるなんて嬉しい♪飲み物はカプチーノを注文しました。

外の喧騒から離れて、ゆったりとしたティータイムを過ごすことができました♪

 

イブニングカクテル

お酒が飲めるイブニングカクテルは18時から。

18時ちょうどにラウンジに行くと、スタッフの人に「うわっ!こいつまた時間ちょうどに来たよ。ラウンジの料理全部食べるつもりかよ!」と思われるかもしれないと思ったので、18時10分過ぎに行きました(10分ずらしただけかよ!)

早速料理コーナーへ。

今度は料理が色々並べられていました。私の好きなスモークサーモンもある!

ホットミール。右側のチキンが美味しかった!

至近距離からライトで照らされているせいで白っぽく写っていますが、マレーシア名物のサテ。

お酒も色々ありました。マレーシアではお酒の値段が高いので、これらのお酒が無料で飲めるのはありがたいデス(・∀・)

お酒はスタッフの方に注文すると、テーブルまで運んできてくれます。いくつかの料理とともに、ビールをいただきました♪

小食の方なら、ここで晩御飯を済ませることも可能。私もそれほどお腹が空いていなかったので、ここで晩御飯にしました。

と言いつつ、料理とお酒、それぞれお代わりしています(;・∀・)

 

朝食

朝食は、一般のビュッフェ会場の方でいただきましたが、ラウンジでもいただけます。

確認したいことがあって、朝食後にラウンジのデスクへと行きましたが、ついでに朝食の内容を見に行きました。

ビュッフェと比べると、圧倒的に品数が少ない!

混雑しているビュッフェ会場と比べると、ラウンジは人が少ないのでくつろげますが、色んなものを食べたい方は、ビュッフェ会場に行く方がよいと思います!

 

感想

初めてホテルのラウンジを利用しましたが、ゆったり過ごすことができました。

無料で(重要!)アフタヌーンティーセットを楽しめたり、イブニングカクテルタイムにお酒や料理をいただけたりと、満足度も高いです。

「パークロイヤル クアラルンプール」では、ラウンジを使えるクラブルームが1万円ちょっとで予約できるので非常にお得♪

難点を挙げるなら、ラウンジで過ごす時間が長くなるので、観光に出掛ける時間が短くなることでしょうか?

何度か訪れている街であれば、ラウンジを満喫するホテルライフを楽しむのもいいなと思いました(・∀・)




« »

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

プロフィール

MAIKO

東京でOL生活を送っていましたが、旅行で京都を訪れるたびに、京都の魅力にとりつかれていき、移住を決意。 2016年1月から京都生活を始めました!

アーカイブ


スポンサードリンク